胃腸炎がよくなる期間とは?症状って苦しいの?


 胃腸炎って聞いた事あるんですが、
どういう原因でなるんでしょ?

 しかもなんか文字を見ただけで
痛そうなんですが、
どういう症状があるんでしょ?

 いろいろ知りたくなったんで
調べてみました。

スポンサードリンク

胃腸炎とは?

 字に書いてある通り、胃や腸に炎症をおこす総称の事を言います。
また症状が急に起こり、その症状が胃や腸が同時に悪くなる事から、
急性胃腸炎とも呼ばれます。

 急性っていうのが怖い(((( ;゚д゚)))アワワワワ

胃腸炎の原因
・アルコール、コーヒー、香辛料の刺激物摂取
・薬の副作用
・ストレス
・タバコの吸いすぎ
・不規則な生活
・細菌の影響
・ウィルスの影響

 細菌やウィルスも原因・・・(゚(゚(゚(゚Д゚)!?

急性胃腸炎の種類と引き起こしやすい期間

 慢性的に胃腸炎となると
年がら年中ストレスや暴飲暴食などから、
胃腸炎を引き起こす人が多いのですが、
腹痛どうしても夏の期間と冬の期間に、
2種類の急性胃腸炎を引き起こす人が多いです。

 その種類と原因というが、
夏の期間は、O-157などによる
細菌性の食中毒が多発します。

 細菌の付いた食事を摂り、
細菌性急性胃腸炎を発症します。

 冬の期間は、
ノロウィルスやロタウィルスによる、
ウィルス性の食中毒が多発します。

 これは牡蠣やアサリなどの貝類を食し、
それが原因となって
ウィルス性急性胃腸炎を発症させます。

 冬場のウィルス性胃腸炎は、
ウィルスが人から人に感染してしまうので、
十分注意しなければなりません。

細菌性胃腸炎とウィルス性胃腸炎の症状

 咳や鼻水。胸焼けやムカつき、嘔吐。腹痛や発熱。
下痢や血便。血圧低下や意識障害。

 こういう症状が出てしまっては、
悪化が進行、そして二次感染の恐れが出てきますので、
早急に病院での診察が肝心になってきます≡3 シュッ!

二次感染の予防法

 ウィルス性急性胃腸炎を引き起こす
原因菌を貰ってくる場所というのは、
医療・福祉関係者、そして保育所や幼稚園から
という結果が多く出ています。
手袋
 やはり人と接する仕事関係が
多いのが現状です。

 ですので、手洗いはもちろんの事、
排泄物処理時はマスク手袋
必ず着用となってきます。

 また牡蠣などの貝類は
牡蠣自体新鮮でも内部にウィルスが
潜んでいる確率も高いのです。

 ですので、加熱処理してから
食べるのが一番効果があるのです。

急性胃腸炎を早く治す方法

 いち早く病院での診察が重要となってきます。
あまりにも症状がひどい場合は、入院となるでしょう。

 炎症を抑える注射と点滴をしてもらえれば、早くに完治します。
また食事療法でも、
数日間はムカつきや嘔吐感があって食べれないかもしれません。
食欲が出てきても、最初は消化の良いものから食べましょう。

 水分流動食(プリン、ヨーグルトetc)⇒低残渣食(おかゆ)⇒普通食
といった流れがいいでしょうね。

 間違っても下痢止めは飲んではいけません!
下痢というのは、体が受け付けないモノを排出するという効果があります。

 ウィルス性胃腸炎での下痢の場合、
体がウィルスを排出しようと下痢をさせているのです。
それを無理に止めてはいけないのです!

 細菌系やウィルス系の胃腸炎以外は、
ちょっと頑張れば引き起こす事もなくなりますので、
原因を見つけて早急に治しちゃいましょう♪

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す