だるまの意味とは?色の意味とは?


 正月の縁起物としてある
だるまっていうのは、
なんで赤い色してるんでしょ?

 選挙の時も
当選すれば目を入れますが~
縁起のいいモノとしてるのは
なんでなんでしょ?

 意味というのは何なんでしょ?
色々調べてみました。

スポンサードリンク

だるまの由来

 室町時代に中国から伝わった禅宗は、
インドで生まれた達磨大使が
中国で開祖したとされています。

 達磨大使は修行の為に
9年壁に向かって座禅をした為に
手足が腐ってしまったという事から
手足のない形状で置物が作られるようになったのです。



だるまの意味

 日本には古くから
起き上がりこぼしという底に重りがついいて
倒しても起き上がってくるという置物がありました。

 それと達磨がいつしか融合し、
倒しても何度でも起き上がってくるという事で
七転八起の意味もあるとして
無病息災や家内安全、その他祈願するという意味の
縁起物となっただるまが出来上がったのです。

 修行で9年。。。
すごいです∑( ̄□ ̄;)ナント!!

だるまが赤い理由

鳥居 だるまというのは
真っ赤な色というのが
思い浮かぶのではないでしょうか?

 なぜかというと、
火や血の色である赤は
古来から魔除けの効果が
あると信じられ、
さまざまな病や災いは
赤色を持って防げる
考えられてきたのです。

 実際に神社や鳥居というのは
赤色に塗られてますよね。

 江戸時代には天然痘に
感染しないように
魔除けの意味を込めて
だるまを使用していたくらいなのです。

高崎だるま

 日本でだるまというのは
全国各地で作られています。

 その中でも80%の生産をしているのが、
群馬県の高崎市で生産される
上州だるま(高崎だるま)です。
だるま
 だるまと言ってぱっと
思い浮かべるだるまがそうです。

 高崎だるまには
赤色のだるまだけではなく、
赤色を入れて15種類
だるまの色があります。

 それぞれ意味が違いますが、
どうも風水の
関係してるのではないかと・・・

 何せ縁起物ですので、
効果を期待したいものですね。

だるまの色の意味
-家内安全 開運吉祥
-金運・幸運UP 夢の現実
-身体健勝 才能開花
黄緑-無病息災 精神安定
オレンジ-子宝成就 災難除け
桃色-恋愛成就 愛情運UP
ローズピンク-良縁成就 結婚成就
-健康長寿 品格向上
-金運向上 仕事運UP
-自己実現 安産吉祥
-商売繁盛 事業繁栄
-受験合格 目標達成
-学業向上 才能向上
スカイブルー-潜在能力開花 心の安定
ペールブルー-災難災害除け 厄除け

 いろんな意味が
あるんですね~(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

だるまの目

だるま だるまは通常目が入ってない
状態で売られています。

 祈願する時や
年始に心を込めて祈り、
右目を墨で書きます。

 これを開眼
(かいげん)と言います。

 願いが叶った時や年末に、
感謝の心を込めて
左目を墨で書き入れます。
そして初詣に神社に持っていき、
供養してもらいましょう。

 苦しい時は神頼みといって、
昔から誰かにすがりたいモノです。
一度だるまをに
頼ってみられてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す