だるまの目はどちらから入れる?祈願達成時に入れる理由!


 だるまで祈願するのは定番ですが、
の入れ方っていうのが
どちらからだったでしょうか?

それと祈願するようになったのは
なぜでしょうか?

 だるまって赤くて
すごい顔してますよね~

 ちょっとだるまの事について
調べてみました。

スポンサードリンク

祈願達成した時にだるまの目を入れる理由

 ちょっと例に挙げて説明しますが、
仏像を作る際は最後に目を入れる事により、
仏像に魂を入れ込む事になります。
願う
 同様にだるまにも目を入れる事により、
魂を入れ込むという開眼
という事になるのです。

 だるまは売られてる状態では
両目が入ってません。
理由として買った人自身が
自分で願⇒眼を入れると
いう事をする為です。

 まず片目だけを入れる時に
願いを込めて入れ、
願いが達成したり
1年無事に過ごせた時に
もう片方の目を入れて願いが
叶ったという満願成就となる訳です。

 祈願達成した喜びと感謝も、
だるまに吹き込むのが理由ってのもあるのです。

だるまに目を入れる様になった由来

 だるまは真っ赤な色が普通ですよね。
江戸時代に流行した疫病に、
疱瘡{天然痘}(体中に発疹が出来て高熱が出て
死に至る伝染病)があったのですが、
疱瘡神による仕業と思われていました。
神社
 ところで神社や鳥居には赤い塗装が
多く塗られてますよね?

 昔から赤色というのは、
魔除けの効果があるとされていました。
ですので実際にだるまを魔除けの玩具
として使ってたようで。

 さらに疱瘡は視力も奪われるのですが、
目が綺麗に描かれてるだるまは
治ると思われ飛ぶように売れましたが、
綺麗に目が描かれてないだるまは
まったく売れない自体となり、
だるま業者が購入者に
直接書いてもらおう!という事で、
目を入れてないだるまが
売り出されるようになり、
現在の開眼という儀式
行われるようになったのです。

 これがだるまの目入れをする起源と言われています。

だるまの目の入れ方

 だるまの目の入れ方というのは
地域によって、
また宗派によっても
最初の順番が違ってきます。

だるまの目の入れ方
高崎だるまの場合
最初に左目、願いが叶ったら右目

相州だるまの場合
基本…最初に左目、願いが叶ったら右目
選挙…最初に右目、願いが叶ったら左目

伊豆の土肥達磨寺(富士見山達磨寺)の五色だるまの場合
商売繁昌…最初から両目
家内安全…最初から両目
健康祈願…最初から両目
病気平癒…最初に右目、願いが叶ったら左目
合格祈願…最初に右目、願いが叶ったら左目
学業成就…最初から両目
就職祈願…最初に右目、願いが叶ったら左目
良縁祈願(現在の縁を保つ)…最初から両目
良縁祈願(新たな縁を祈る)…最初に右目、願いが叶ったら左目
厄除祈願…最初から両目
選挙当選…最初に右目、願いが叶ったら左目
金運向上…最初から両目
安産祈願…最初から両目
交通安全…最初から両目

 いろいろ
あるんですね~((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

だるまさんがころんだの由来

子供 だるまというのは達磨大師という
インドから中国に渡って
儒教を広めた人がモデル
とされています。

 修行の為に少林寺で壁に向かって
9年間も座禅をし続けた為に手足が腐り、
現在の丸い形のだるまに
なったとされています。

 それほど立派な人がいたと
親が子供に言い聞かせた時、
子供が、その9年間もの修行の際に
だるまさんも見られてない時に
寝転んだだろう・・・って
反発して言い始めたのが
だるまさんがころんだの始まり
でないかとされていますが、
ど~もさだかじゃないようで…( ̄▽ ̄;)

 子供の頃って何でも
替え歌作って遊んだり、
悪い事しちゃいますもんね。

 確かに否定も出来ませんが…(;゚Д゚)。_。);゚Д゚)。_。)

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す