カメムシの卵を産む瞬間!対策はどうすればいい?


 カメムシっていうのは
最近ほんと大量に発生
してるような気がしますね。

 臭い最悪な悪臭を放ち、
自分も気絶してしまうという
とんでもない虫ですが。。。

 ところでカメムシが
毎年発生させない為にも
いい方法がないんでしょうかね?

 ちなみにって
どれくらい産むんでしょ?
時期は?対策はどうするの?
色々調べてみました。

スポンサードリンク

カメムシの卵

 決定的な瞬間が、
動画に映ってます!



 こうやってまじまじと見ると、
エイリアンが卵を産んでる瞬間みたいですね…( ̄▽ ̄;)

 カメムシというのは、
日本に生息するのだけでも
800種類もいるんです。
驚き
 そのすべてが卵の産む数
というのは違います。

 少なく10個前後から多いので
100個から150個も産むカメムシもいます。

 動画で卵を産んでるカメムシは
逆光でわかりにくいですが、
エサキモンキツノカメムシ
という種類のカメムシです。

 ちなみにカメムシの卵の
産む時期というのは、
5月下旬から8月中頃とされています。
孵化するまで
1週間から10日とされています。

 これだけたくさんの卵が孵化すると、
あっという間に
大量発生しちゃいますね。

卵を駆除して効果はある?

ライター カメムシが大量発生
しているという事は、
卵もたくさん産んでいると
いう事になりますよね。

 外で洗濯物を干してる間に、
洗濯物に産み付けられる
場合もあるようです。

 実際に対処方法は少ないらしく、
部屋干しをされる方が
多いのが現実です。

 しかし卵を見つけたら
ほったらかしにする訳にも
いきませんよね。

 指で潰す方法もありますが、
どうしても嫌って方はライターで
あぶっちゃいましょう!
イチコロです♪

カメムシの簡単な対策方法

 カメムシは越冬する虫ですので、
寒くなると室内に入ってこようとします。
越冬準備っていうやつですね。

 窓の隙間などから入ってきますので、
窓際にハーブ系の鉢植えを置く方も
いますがあんまり効果が・・・って方も多いという事。

 しかし実行しないよりいいんです。

 殺虫剤を使う方法もありますが、
やはり体にも悪いかと・・・
そこで地道な対策方法ですが1つ良い方法があります。

 ペットボトルを1つ用意しましょう。
そのペットボトル内に捕獲して入れちゃいます。

 あまり強引にするとカメムシは
悪臭を放ちますのでそっとしましょう!

 たくさんいるのであれば紙を使って入れる方法もありますよね。

 すべて捕獲したら、
ペットボトルの蓋を閉めて振って刺激を与えます!

こうする事により、ペットボトル内は悪臭だらけ!!

 なぜこの方法が効果的かというと、
カメムシは自分の放った悪臭で死んじゃう愚かな虫なんです。

 1日放置しておけば全滅しますので。
そのままペットボトルは捨てちゃいましょう!

 カメムシは大量発生する為に
完璧な駆除方法は
まだ確立されていません。
地道にやるしか
ないんでしょね~Σ( ̄Д ̄;;

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す