加湿器の掃除にクエン酸がいい理由とは?


 加湿器は冬のエアコンを
入れてる時には
欠かせないモノですよね。
 室内の乾燥を防いでくれ、
ドライアイや肌荒れ、
インフルエンザウィルスの蔓延を
防いでくれる優れものですもんね。

 ただ水道水を
いつも入れてるんですが、
加湿器のフィルターに
白いモノが付きません?

 あれって何なんでしょ?
掃除するには
どうすればいいんでしょ?

スポンサードリンク


 ちょっと調べてみました。

加湿器のフィルターに付く白いモノの正体とは?

蛇口 水道水にはカルキと
呼ばれるものが含まれています。

 カルキというのは
次亜塩素酸カルシウムの事です。

 水道水の殺菌や消毒
目的として含まれています。

 これが加湿器のフィルター周りに
付着してしまうのです。
すると湿度の上がり具合が
悪くなるので、

 フィルターに付着したカルキを
掃除する必要が出てくるのです。

どうやって掃除する?

 フィルターに付着した
カルキを取るのに、
クエン酸を使用します。

 動画を見てみましょう!



【掃除方法】

加湿器を分解
水400㏄にクエン酸大さじ6杯を混ぜて水タンクに入れる。
いつも通り30分~60分加湿する。
加湿器の部品を水で洗い流して完了です。


 水タンクにカビが生えた場合は、
漂白剤に付けておくのがいいです。
運転して、湿度が快適に上がれば掃除終了です。

 綺麗にカルキが、
取れちゃいますよオォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

なぜクエン酸でカルキは取れちゃうの?

 クエン酸というのは弱い酸性で、
カルシウムを溶かしてくれる
性質を持っているのでカルキには有効なのです。

 またクエン酸は、
アルカリ性の汚れを落としやすくする働きもあります。

 ですのでシンクの水垢や湯垢、
洗濯槽に付着した汚れ、洗面所や風呂場の石鹸カス、
トイレの黄ばみ落しに最適とされています。

 そういう性質が
あったのね∑( ̄□ ̄;)ナント!!

重層とは?

 クエン酸も掃除には有効ですが、
重層は?って事になりますよね。

 重層は、弱いアルカリ性ですので
酸性の汚れを落とすのに向いています。

 台所での油汚れや焦げ付き。
電化製品に付いた手垢。
風呂場での浴槽の皮脂汚れに最適とされています。

 ちょっとわかりづらいかも
しれませんが、重層は台所まわりに有効。
クエン酸は水まわりに有効と考えておいたほうがいいですね。

 重曹は台所っすね((φ(・д・。)ホォホォ

クエン酸や重曹で洗っては駄目なモノ

 汚れを何でも落としてくれると
調子に乗ってると、
えらい事になるので注意が必要です。
手
 重曹は木の天然素材やアルミ類は
変色を起こす事もあります。

 また研磨効果があるので
塗装品を剥がしてしまう恐れも…

 そして~皮膚までをも~
溶かしちゃう!!

 皮膚が敏感な方は掃除時に
手袋を使用したほうがいいでしょう!

 クエン酸は鉄製品は錆びてしまったり
大理石を溶かす場合もありますので、
気を付けてもらいたいです!

 加湿器はやはり快適に
湿度の上がりを良くしてくれなくては
意味がありませんよね。

 クエン酸でいっぱい付いた
カルキを取っちゃいましょう♪

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す