風邪の症状である下痢はどれくらいの便をいうの?


 風邪は万病の元っていうくらい、
なめてちゃえらい目にあっちゃう
くらい怖いモノですよね。

 熱も大変だけど、
下痢っていうのも大変ですよね…

 風邪が原因での下痢っていうのは、
どういう理由から
起きちゃうんでしょ?

 いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

風邪が原因の下痢

 風邪が原因の発熱と断定出来れば、
ストレスや冷えによる
自律神経の乱れからくる下痢と、
 何らかのウィルスによって下痢
引き起こされていると考えられます。

 自律神経の場合は体調不良で
腸内の水分分泌と水分吸収のバランスが
崩れて下痢が引き起こされます。
腹痛
 ウィルスの場合は、
体内に入ったウィルスを
体外に排出させる為に
下痢を引き起こします。

 ウィルスが絡んだ下痢の場合、
発熱や嘔吐、そして下痢
という感じになります。

 下痢も水のような固形物が
ないくらいの下痢便となります。

 どちらにしても発熱と下痢での
体内の水分不足となりますので、
水分補給が必要です。

 吐き気をもよおすのであれば、
病院での受診をおススメします。

下痢というのはどんな便をいうの?

 人それぞれ下痢という思いが
さまざまだと思います。

 自分では下痢と思っていたのが、
他の人にとって下痢じゃないと
便思われたりとさまざまだと思います。

 じゃ~どんな便が
下痢便っていうの?

 ドロドロとした便というのは
下痢と思ってたんですが、
ど~も軟便と言われる
便みたいなんですよね。

 じゃ~下痢便とは?
水分が80%以上含まれてる便
を言うのですが、
腹痛や何度も何度も便所に駆け込む
ようなのが下痢便みたいですね。

 固形か液体か
っていうのもポイントです。

胃腸風邪と言われるが?

 毎年冬場になると
胃腸風邪と言われる風邪
流行しますよね。

 この原因となっているのが
ノロウィルスという
やっかいなウィルスです。

 何がやっかいなのかというと、
人から人に感染し易いのです。
食べる
 インフルエンザのワクチンは
確立していますので、
予防として接種しておけば
重症にはなりません。

 しかしノロウィルスは、
ワクチンがしっかりと
確立されてないので、
毎年の冬に猛威をふるっています。
 
 ノロウィルスというのは、
口から経由で体内にウィルスが入る
という経口感染がほとんどです。

 例えば二枚貝の汚染された牡蠣や
井戸水を食しての感染や、
介護職や医療職のような感染者の
便処理や嘔吐処理からの
二次感染が考えられます。

ノロウィルスの症状

 症状というのは、
嘔吐、下痢、腹痛でありあまり発熱はしません。

 これらの症状が1~2日続いたら回復に向かいます。

 水分補給が必要になりますが、
どうしてもムカムカしやすいです。
しかしまったく水分を摂らないのはいけませんので、
すぐ病院に受診しましょう!

 感染すると拡大しないよう、職場を休む必要があります。

 やはり自己判断っていうのが、
一番危険なのかも(・ω・A;)アセアセ

下痢にはリンゴ

 あなたは小さい頃に風邪をひいたとき、
すりおろしたリンゴを食べた記憶はありませんか?

 リンゴに含まれるペクチンという成分が
優しく腸の粘膜を保護してくれるのです。

 下痢が起こるとその後絶食を
1日くらいした方法が一番いい回復方法と言われています。

 その後すりおろしリンゴを食べると、
ペクチン効果もあって脱水症状も防げるという事。

 無理に水分を摂るよりはいい方法かも…

 下痢というのは
何かしら体調が悪いという
サインです。

 無理に止めず、
原因を探るのが先決方法ですね…

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す