チョコレートの効能とは?妊娠中の女性が食べていい理由!


 チョコレートって
甘くて美味しいですよね~!

 子供の頃もよく食べましたが、
大人になってからも
普通に食べちゃいますよね。

 疲れた時に食べたら
これまた美味しいっていうか、
疲れが取れちゃう気も
しちゃうんですが・・・

 ところでチョコレートの効能
ってどうなんでしょ?

スポンサードリンク


 女性は大好きだろうけど、
妊娠時にも食べていいんでしょうか?
カフェインが入ってそうで
体にあまり良くない気もして・・・
ちょっと調べてみました。

チョコレートの効能

 チョコレートの成分には
砂糖・カフェイン・テオブロミン
アルギニン・チラミン・カカオポリフェノール
が主に入ってます。

チョコレートの効能
ブドウ糖-血糖値アップ・空腹解消効果
カフェイン-脂肪分解・利尿作用・集中力アップ効果
デオブロミン-リラックス効果
アルギニン-成長ホルモン分泌・免疫力アップ効果
カカオポリフェノール-抗酸化作用、動脈硬化予防効果

 またカカオの脂肪酸には、
ピロリ菌を殺菌するという効果もあり、
実際にチョコをたくさん食べる国でも
有名なスイスでは胃がんの死亡率が
チョコレート低いという結果が出ています。

 ただ食べればいいわけではなく、
成分に入っているチラミンには
交感神経興奮作用があり
血管を収縮させて血圧を上げる
効果もあります。

 チョコレートを食べ過ぎると
鼻血が出るというのは
チラミンが原因なんでしょうね。

試験前にはチョコレートを一口!

 以前所ジョージさんの番組で
チョコレートを食べた学生さんと
試験勉強食べてない学生さんとの記憶力を
比較した実験をやってました。

 実験結果は、
チョコレートをを食べた学生さん
のほうが記憶力がアップした
という結果に!

 どういう原理かというと、
ブドウ糖が脳にエネルギーを送り、
カカオの香りがリラックス効果を
与えてくれての記憶力アップ
という原理なのです。

 おまけにお腹も満たしてくれる、
快適に脳が回転してくれる訳なのです。

 試験を受ける方は、
試験直前にチョコレートをヒトカケラ
口に放り込んで試験を受験しましょう!
好結果が期待できますよ♪

妊娠中はチョコレート食べていいの?

 ネットでいろいろ検索すると、
妊娠時はチョコレートを沢山食べると
流産や早産の恐れが出てくるだのという記事が
チラホラ見れます。

 どうもカフェインが悪さをするらしいのですが。。。

 しかしまた他のサイトを見れば、妊娠中毒症
っていうのを防ぐ結果も出ているという嬉しい結果も出ています。

 どれがほんとでどれが違ってるんでしょ?

 女性でチョコレートが嫌いな人っているでしょうか?
私の周りで見た事がないですよね・・・

 大概の女性は大好きなはずです。
それを絶対食べたら駄目!
って言われたらもっと食べたくなっちゃいません?

 やはりストレスというのが一番の敵なんですよね。
保健師さんにダメって言われたとしても、
保健師は医者ではありません。
ですので心配であれば産婦人科のお医者さんに相談しましょう。

 しかり食べ過ぎというのは駄目でしょうし、
ほどほどがいいのかもしれませんね♪

 チョコレートは美味しいモノです。
美味しいモノは食べたくなるもの。

 しかし食べ過ぎに注意しないと
太っちゃう原因に・・・( ̄▽ ̄;)

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す