ホタルイカの旬とは?寄生虫がいるの?


 ホタルイカっていう
光るイカがいますよね。
酢味噌で食べるとこれまた
美味しくありませんか?

 佃煮のような甘く煮て
食べるのも美味しいんですがね。
目玉がどうも邪魔で出しちゃいます。

またパスタに入れても絶品♪

 イカっていうのは寄生虫が
いるから気を付けないと
って良く聞くんですが、
そのところはどうなんでしょ?

 ホタルイカの旬とは?寄生虫はいるの?
っていう事を調べてみました。
参考にして頂けるとありがたいです。

スポンサードリンク

ホタルイカとは?

 産卵期には1回で数千から数万の卵を産むとされる
体調6~7センチのイカの一種で、主に日本海側で水揚げされ
その中でも富山県滑川市では一番多く水揚げされ全国的にも有名です。

 古くは『まついか』と地元で呼ばれてましたが、
明治時代に東大教授によってホタルのように発光する事から
『ホタルイカ』と名付けられました。

 滑川市では、ホタルイカの発光してるのを生で見れる
海上観光も旬の中でも1か月間企画されています。

 ホタルのように
発光ね~(*´・∀・)(・∀・`*)ヘー

ホタルイカの旬とは?

 ホタルイカのとされるのは、
春からゴールデンウィーク中と
されていますが、春っていつ?ってなりますよね。

 3月の終わりから
漁ゴールデンウィーク中
と考えて
おいたほうがいいですね。

 ちなみに富山県滑川市観光協会が
企画しているホタルイカの
海上観光というのがあります。

 この期間というのが
昨年は4月5日~5月6日の32日間
となっています。

 そう考えると、ホタルイカが
市場に出回っての食される旬の
期間っていうのがこの1ヶ月
なのでしょうね。

 この期間中に富山湾の砂浜では、
ホタルイカの身投げ』という
ホタルイカが浜に打ち寄せられる
現象も毎年起こってるようです。



 砂をいっぱい
かんでそうですね( ̄▽ ̄;)

ホタルイカの光る意味

 ホタルの様に光を放つホタルイカですが、
クラゲなぜ光を放つの?って思いませんか。
そういえばクラゲも発光しますね。。。
発光するモノ同志いっしょ?

 理由として考えられているのが、
光を放って相手を驚かして
身を守る意味からと、逆に驚いて
光を放っている
とされています。

 その他に敵から身を隠す
意味から発光するや、
ホタルイカ同士の会話や求愛の
意味からも発光するとされてますが、
一番納得いく意味からも
ホタルイカが驚いて光を発光する
っていうのが一番の理由ですね。

 ビビってるって事なんでしょうね~。

 一度神秘的なホタルイカの発光
というのを見てみたいモノです。

ホタルイカに寄生虫?

 イカに寄生虫がいるという事を聞いた事はありませんか?

 ホタルイカには実をいうと
ワタと呼ばれる内臓に寄生虫がいるとされています。
ですのでホタルイカを生で食べる時は、
内臓を取って食べなくてはいけません。

 症状としてミミズバレや腹痛、最悪で腸閉塞になる事も。

 この寄生虫は体内に入るとメスを
入れての手術で取り出すしかないようです。
ですのでさっと30秒くらい加熱すれば寄生虫も死滅させれますので、
茹でて食べる事をおススメします。

 醤油・みりん・お酒を混ぜ合わせたのをホタルイカを漬け込むだけで、
沖漬けという一品料理が出来ちゃいますよ!

 ご家庭の冷凍庫であれば、
漬け汁ごと冷凍保存を5日する事で寄生虫対策も出来ますし、
生のホタルイカが入る事があれば作ってみて下さいね。

 ホタルイカはタウリンやビタミンA、
ビタミンEも含む栄養素が
ぎっしり詰まっています。

 肝機能の働きを高めたり
美容の効果にもいいとされています。

 この機会にホタルイカを
食されてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す