母の日に役立つ花言葉とは?どんな花束がいいの?


 母の日に近づくとお近くの
花屋さんではいろんな花が店先に
並ぶっていう光景が見られませんか?

実をいうと母の日のイメージが沸く花
っていうのはカーネーションですが、
売れる花っていうのはカーネーション
ばかりではなく、さまざまないろんな
花を合わせて花束にしてっていうのが
人気があるんですよね。

 そう考えると、それぞれの花の持つ
花言葉を知っておく必要がありますよね。
それと人気の花も・・・

スポンサードリンク


 そこで、母の日に役立つ花言葉とは?
どんな花束がいいの?
って疑問に
思われてる方の為に調べてみました。

 参考にして頂けるとありがたいです。

カーネーション

 母の日って真っ先に
思い浮かぶ花というのがカーネーションでしょう。

 カーネーションの色にはいろんな意味があり、
赤【母の愛】【母への愛】【純粋な愛】。
白【私の愛情は生きている】。ピンク【感謝の心】【熱愛】。
オレンジ【熱烈な愛】。黄【軽蔑】【嫉妬】。
といった風になっています。

 ここで気を付けて頂きたいのが、白のカーネーション。
もともと母の日の象徴となるカーネーションは白でしたが、
実をいうと故人を意味するというのがあるのです。

 カーネーションの由来となる女性が、
亡き母を思って贈ったとされるのも理由ですが、
聖母マリアがキリストの十字架に張り付け処刑を見て流した
涙が地面に落ちて咲いた花がカーネーションというのもあるのです。

 また、キリストの飛び散った血で染まり、
赤いカーネーションが出来たとされています。

 白は日本人が好むとされている色ですが、
菊同様カーネーションも白は避けたほうがいいですね。。。

 こういう事を知ってると、
いろいろ役立つんですよね・・・….〆(・ω・。)

母の日に人気の花の花言葉

胡蝶蘭 花屋さんの店先に母の日近くに
並ぶ花というのが、
バラ・ブーゲンビリア・胡蝶蘭、
ラベンダー・カラー、
カスミソウです。

 それぞれの花言葉というのが、
バラ・赤【愛情】【情熱】。
バラ・ピンク【上品】【おしとやか】。
ブーゲンビリア【魅力に満ちている】。
胡蝶蘭【幸福が飛んでくる】。
ラベンダー【期待】【繊細】【優美】。
カラー【素敵】【壮大な美】【夢】。
カスミソウ【夢見心地【魅力】です。

 いろんな意味を花は持っていますが、
やはり見た目ですからね・・・

 いろんな母に対する思いを考えて
選べばいいと思います。

どんな花束がいいの?

 こればかりは人それぞれ感性も違う様に
性格も違ってきますので一概には言えないのですが、
一番手ごろな値段とされているのが3,000円から4,000円とされています。

 値段さえ限りなく出せれば豪華な花束ともなるでしょうが・・・

 3,000円から4,000円で出来る花束で人気なのが、
赤とピンクのバラにカスミソウを加えての花束が一番人気となっています。
また赤いカーネーションと赤いバラだけで作った花束も人気があります。

 自分の思いも色々あるでしょうが、
やはり花屋さんに勤めてる店員さんの意見というのも
そういう意味では貴重な材料ですよね。

 購入するお店の店員さんに聞いてみる
っていうのもいい手かもしれませんね。

 専門の人の意見ってのも、
重要ですね(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

青いバラ

青いバラ 青いバラというのは以前は
青の色素がないことがわかり
品種改良して作り出す事は
不可能とされていました。

 しかし日本の企業である
サントリーが作った青いバラ
アプローズ』が
バイオテクノロジーによって
生まれたと注目されてますが、
見様によっては紫色に・・・

 そう考えると水を
与えなくてもいいプリザードフラワー
がいいのかもしれません。

 ちなみに青いバラの花言葉は、
もともとは【不可能】でしたが
現在では【奇跡】【神の祝福】【夢叶う】
となっています。

 インパクトを込めるのであれば、
青いバラが一押しでしょうね!

 やはりプレゼントするのなら
喜んでもらいたいですよね。

 いろんな花言葉から花を選び、また店員さんに
ご教授してもらい選んじゃいましょう♪

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す