ゴールデンウィークとは?意味は?いつからなの?


 ゴールデンウィークっていうのは
長い間休みにもなるっていうので
学生の頃ってめちゃめちゃ
嬉しかったけど~今じゃ~
家族サービスの為にゆっくり
出来てないっていう人も
多いんじゃないかと思います。。。

 お金がたくさんある人なんて
海外で過ごす人もいるらしく~・・・
日本の高速道路なんて渋滞の嵐だから、
そう考えたら優雅に過ごすっていうのも
ある意味いい考えかも・・・

 ところでなぜゴールデンウィーク
って言うんでしょ?意味ってあるの?
ってちょっと思ったんですが、
どうなんでしょうね~?

スポンサードリンク


 そこで、ゴールデンウィークとは?
意味は?いつからなの?

っていう事を調べてみました。
参考にして頂ければありがたいです。

ゴールデンウィークとは?

 日本では4月の末から5月の初めにかけて連休も多く、
大型連休にもなる事から黄金の連休期間
っていう意味を込めてゴールデンウィークと言われています。

 ゴールデンウィークね~
ある意味憂鬱かも・・・ε-(;-ω-`A) フゥ…

ゴールデンウィークっていつ?

観覧車 ゴールデンウィーク期間
っていうのはいつ?、
学校などであればカレンダー通り
という事になってしまうので、
3日(土)憲法記念日、
4日(日)みどりの日、
5日(月)こどもの日、
6日(火)振替休日、っていう風に
4連休となるでしょう。

 しかし会社関係というのは
意外と長くゴールデンウィーク期間を
設けているのがあります。

 今年の4月29日(火)というのが、
昭和の日という祝日になっていますし、
火曜日という事もあるのでひょっとすると
今年のゴールデンウィーク期間というのは、
4月26日(土)から始まる事になれば、
11連休というめちゃめちゃ長い休み
が完成するかもしれません・・・

ゴールデンウィークの由来と意味

 ゴールデンウィークっていうのは
黄金の休日とも訳せるくらいすごい休日っていう感じがしますよね。

 ロッキー山脈で4月末から5月初旬にかけて砂金が沢山取れた為とか、
「黄金の国ジパング」と紹介したマルコ・ポーロが日本に来たのが
5月の初めだったとかいうのもあって、ゴールデンっていう言葉が
日本では重宝されていますが、どうも放送関係から呼称の由来があるようです。

 放送業界で視聴率が高くなりやすい時間帯(日本では19:00~22:00)の事を
ゴールデンタイムと呼んでいます。1951年(昭和26)に映画業界の人が、
当時ラジオで最も聴取率の高い時間帯をゴールデンタイムと言われてたのもあり、
習って映画を多くの人に見てもらおうとゴールデンウィークと名付けたようです。

 しかしNHKでは今でもわかりづらいという理由から、春の大型連休と言うようです。

 ゴールデンウィークは黄金っていう事の意味から嬉しい
っていう意味が詰まってると思ってましたが、調べていくうちに人それぞれ
意味が違うように捉えられてるようです・・・

 嬉しいばかりがゴールデンウィークっていう
意味ではなく、辛いっていう意味を持つ人も
いる訳なのです・・・ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

ゴールデンウィークの問題点

悩む ゴールデンウィークとは
会社勤めの人にとっては嬉しいと
思う人ばかりと思いきや、
どうも新入社員の人達にとっては
五月病という新しい生活や環境に
適応できず鬱状態に陥る人

出てくる期間のようです。

 確かに、新しい職場となって
働き出した所での長い連休となれば、
職場で仲のいい人が出来ていれば
また職場で仕事をしたいっていう
気になるでしょうが、
職場の雰囲気も悪くて仕事も辛いとなれば、
仕事に戻りたくないという気持ちも
出てきちゃいますよね。。。

 そう考えると、
学校の様にカレンダー通りの休みのほうが、
体調も悪くならない為のいい方法
なのかもしれませんね・・・

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す