砺波チューリップ公園 GW中渋滞に巻き込まれない方法とは?


 GW期間中は日本国内ではどこに行っても
人の山っていうのもあるので
正直な話家から外出したくない!
っていうのがあるのではないかと思います。。。

 しかし、家族サービスの為に
ちょっとは頑張らないと・・・

 そう考えていろいろ探してると、
この時期に咲くという花がチューリップ!

 花言葉は
「永遠の愛情・愛の告白・思いやり・・・」
っていろいろあるようですが。。。

スポンサードリンク


 海外のチューリップはオランダですが、
国内のチューリップといえば~
砺波のチューリップ公園
GW期間中に行われる
チューリップフェアー
でしょう。

 過去に行ったことがあるんですが、
渋滞に巻き込まれて高速から
降りる時にえらい事になっちゃって・・・

 チューリップフェアーに行きたい為
だけで行くと渋滞って時間の損です・・・

 そこで、砺波チューリップ公園
GW中渋滞に巻き込まれない方法とは?

って事を調べてみました。

 参考にして頂けるとありがたいです。

2016年となみチューリップフェアー

 今年のチューリップフェアーというのは、
4月22日(金)~5月5日(木・祝)に開催されます。

 開園時間:8時30分~17時30分(最終入園午後5時)
 入園料:大人(高校生以上)1,000円・小人(小・中学生)300円
 小学生未満無料

(団体、前売り)
大人(高校生以上)900円・小人(小・中学生)200円


 600品種の100万本以上のチューリップを、
生で見てみてはどうでしょうか?生で見るとすごい綺麗ですよ~♪

2016となみチューリップフェア

 生で見るの
感動しまっせ゚.+:。(*´ェ`*)゚.+:。ポッ

砺波チューリップ公園に行く際に渋滞になる理由とは?

 GW期間中というのは、
砺波のチューリップ公園で開催される
渋滞チューリップフェアーに行こうと
全国から車が集まるので、
砺波インター降口前の高速道路から
渋滞が始まります・・・

 原因というのは、
砺波インター料金所を出てすぐに
信号機があるのですが、
この時間が異常に短い

 この信号を出てすぐに国道と重なる
信号機もあるのですがこれも短い。。。

 この2つがある為に、毎年必ず
ゴールデンウィーク期間中は
砺波インター降口前の高速道路から
渋滞となる訳なのです。

 その信号機を逃れても、
今度は砺波のチューリップ公園の
駐車場に入る為に渋滞に巻き込まれます。

 大変なんです・・・

渋滞に巻き込まれない方法とは?

 この渋滞に巻き込まれない方法とは?
簡単な事ですが、早朝に行って駐車場内に入ってしまいましょう。
入れないのであれば待機ですが。。。

 早い時間に行っていれば時間のロスもなく
スムーズに砺波のチューリップ公園内に入れます。

 遠路はるばる訪れる人は早朝は無理っぽいでしょう。
そういう方にとっておきの秘策!

 高速道路は砺波インターに向かうには、3方向のパターンがあります。
新潟方面⇒砺波インター、大阪方面⇒砺波インター、愛知方面⇒砺波インター
という北陸道、東海北陸自動車道という高速道路を利用されるでしょうが、
思い切って砺波インター1つ手前のインターで降りて下道で
砺波チューリップ公園をナビで目指しましょう!

 新潟方面⇒小杉インター、大阪方面⇒小矢部インター、愛知方面⇒福光インター
っていう事です。

 これをするだけで、何時間も渋滞に巻き込まれなくて済むのです!
ただ10時過ぎて砺波チューリップ公園の駐車場に停めるにも渋滞に巻き込まれますし、
砺波チューリップ公園近くのアピタ駐車場に車を停めて歩いて目指しましょう!

 これだけで得した気分!ぜひやってみましょう♪

 実いうと砺波チューリップ公園より
おススメの空いてる場所があります。

 高波チューリップ祭 

 田んぼの真ん中ですが、
行く価値ありますよ♪

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す