部屋のカビ掃除方法とは?掃除機で吸い込むのは駄目?


 梅雨の季節になると一番
気を付けなくてはならないのが
カビですよね。

 どうしても
梅雨時期は湿度も高くなって、
カビが繁殖しやすい時期となってます。

 だけどカビの胞子というのは
目に見えない小ささだけに、
気の緩みからカビを発生させてしまう
事もあるかもしれませんよね。

 そういう事もあるし、
もしもカビを発生させてしまった時の
掃除方法を知っておく必要もありますね。

スポンサードリンク


 ちょっと聞いた事があるんですが、
カビを掃除機で吸ってはいけない
とも聞いたんですが真相は!?

 そこで、部屋のカビ掃除方法とは?
掃除機で吸い込むのは駄目?

っていう疑問を調べてみました。
参考にして頂けるとありがたいです。

カビを発生させない為に知っておく事

 梅雨時期というのは雨も降り続く事で洗濯物も
外で干せないのもあり、部屋干しをされる方もいるでしょう。

 梅雨時期というのはただでさえ湿度が高いのに、
部屋に濡れた洗濯物を置けばさらに部屋の湿度が高くなります。

 カビが発生しやすい条件というのは、
気温が25度から28度で湿度が65%以上になれば好条件なのです。

 梅雨時期に部屋干しをするという事は、湿度も65%以上
超えますしカビが発生する好条件になっている事を理解しましょう。

 そこで利用するのが除湿器、そしてエアコンのドライ機能です。
カビを発生させない為にも湿度を下げる必要があるって事なのです。

 湿度調節っすね~。
なかなか難しいε-(;-ω-`A) フゥ…

カビを掃除機で吸ってはいけない理由

 いくら気を付けてもカビというのは
隙をついて発生するモノです。

 そうなるとカビを掃除
しなくてはいけませんよね。
掃除機
 掃除と言って一番最初に
思い付くのが掃除機ですよね。

 しかしカビの掃除をするのに、
掃除機で吸い取ってはいけません

 なぜならもし
掃除機でカビを吸ってしまうと、
掃除機の排気口からカビをまた
部屋中に撒き散らす恐れがあるのです。

 カビを掃除してるのに、増殖の
手助けをしてるのと同じですよね。。。

 そうならない為にも、カビを
見つけてすぐに掃除機
吸い取らない様にしましょう!

 カビの協力者とならない様に・・・

部屋のカビの掃除方法

 掃除機でカビを吸い取っては駄目!って言われたら、
どうやってカビを掃除して退治すればいいの?ってなりますよね。

 カビは掃除機で吸ってはならないといったのは、
生きてるカビを掃除機で吸ってしまうと増殖の手助けになりますが、
死んだカビであれば大丈夫なのです。

 カビに効果的というのがエタノール
薬局には無水エタノールと消毒用エタノールが売ってます。

 無水エタノール(エタノール6:水4)
消毒用エタノール(エタノール8:水2)をスプレーでカビに吹き付けます。
カビの胞子が飛び散らない様にそっとです。

 その後乾燥してから掃除機でカビを吸い取りましょう
エタノールでカビは死滅していますので大丈夫なんです。
再度エタノールを吹き付けて殺菌して終了です。

 ここで気を付けたいのが、掃除のときは部屋の窓を2か所開けて
風の通りを良くして換気をしましょう。またマスクをする事も重要な事です。
カビの胞子を吸わない事も体の為に重要な事なのですから。。。

 カビというのは見えないだけに
憎っくき存在ですね。

 発生させない為にも、
湿度調整が肝心ですね。。。Σ( ̄Д ̄;;

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す