カビた布団の除去方法とは?予防ってどうするの?


 あなたは毎日寝る時に
ベッドを使って寝てますか?

 それとも布団を
上げ下げして寝ていますか?
それとも万年床?

 広い部屋であればベッドを
置いたりしてゆったりと
寝る事も可能でしょうが、
狭い部屋であったりベッドの
購入をしていない人であれば、
布団を上げ下げしたり
万年床として置きっぱなしに
してると思います。

 最近ではフローリングの部屋
というのが主流ですよね。

スポンサードリンク


 ここで気を付けたいのが、
フローリングに直接布団を敷く
という事です。

 万年床の方は気付いてないでしょうが、
布団をめくればカビだらけと思います。

 その布団のカビはどうやって
取ればいいのって思ってる方も
多いでしょう・・・

 そこで、カビた布団の除去方法とは?
予防が肝心?
っていう事を調べてみました。
参考にして頂けるとありがたいです。

布団のカビの除去方法

 布団にカビが発生してしまうと、
丸洗いするのが一番いいんでしょうが
単に丸洗いしただけでカビは除去出来ていません。

 布団のカバーにポツポツとカビが発生してる以上に、
中綿にカビが繁殖しているのです。

 カバーに発生した黒いカビも
塩素系漂白剤を使えば薄くはなりますが完全には徐去できません。
こうなってしまうと、もう個人の洗濯機では不可能な状態です。

 ネットでお近くの布団の丸洗い業者を検索し、
依頼する事をおススメします。業者に依頼すれば中綿の
カビの繁殖も止め、洗浄後に高温乾燥で本来の布団を清潔にしてくれます。

 こうならない為に予防が肝心なのです・・・

 手遅れなのね・・・
(((p(>o<)q))) いやぁぁぁ

布団がカビる理由

 布団がカビる理由というのは、
単に梅雨時に湿度が高いという理由
ではないという事を理解しましょう。
考える
 理由として2つ考えられるのですが、
夏場の体による寝汗が布団に浸み込み
フローリングに浸透しない為に蒸れる
という状態が作り出されます。

 それと冬場の布団の温かさと
フローリングの冷たさによる差から
生まれる結露が原因で布団に湿気
持ってしまいカビるのです。

 こうならない為にも布団に湿気を
持たせない様にする事がカビを
発生させない条件となる事

知らなければならないのです。

 じゃ~どうやって布団に湿気を
持たせない様にすればいいの?
って思っちゃいますよね・・・

布団に湿気を持たせないようにするアイテムとは?

 ここで意外と知られていないのが、除湿シートというモノです。

 これっていうのは、布団やマットレスの湿気を
吸収してくれるという優れものです。

 実際に今まで布団やマットレスをフローリングにじかに
引いてたのを、間に除湿シートを入れただけでまったく湿気を
持たなくなった人も多いようです!じゃ~値段っていくらくらいなの?
って気になりますが、ここで注意なのは値段が安い除湿シートです。

 5,000円以下のモノですと効果も薄いようで。。。
最低でも7,000円以上のモノが効果があるようです。
ただ万年床の様に引きっぱなしは不可能で、
天日干しもしなくてはいけないようです。

 天日干しの目印も付いてるようですし、
2枚持ってたほうが使い勝手もいいかもしれませんね。

 万年床はどうしても
衛生的に良くないようです。

 布団は毎日上げ下げし、
押し入れにも湿気予防に
重層を置いておいた方法がいいかも。

 重層は湿気取りの役目もしてくれるんですよね。
カビさせない為にもマメさが必用かも・・・( ゚д゚) (゚д゚ ) アラヤダ

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す