七夕の意味を簡単に子供に説明するには?


 毎年の七月七日は七夕という行事で、
短冊に願いを書いて笹に飾る事をしますよね。

 保育所や幼稚園に行ってる時などは

必ずこういう行事事をやってみる
っていう事もあるから、
短冊に願いを真剣に書いていたのを
思い出しちゃいますね~・・・

 地域によっては、この七夕飾りを
たくさん飾って彩るっていう祭りも
開催されてるみたいだし~・・・

 ところでこの七夕っていう行事の
意味っていうのを知っていますか?
正直はっきりわかりませんよね・・・

スポンサードリンク


 小さいお子さんがいる家庭や
保育士の方など子供に説明するのに
意味を知らないと困っちゃいますよね。

 そこで、七夕の意味を簡単に子供に
説明するには?
っていう事を調べてみました。
参考にして頂けると、ありがたいです。

七夕の本当の意味

 この部分は子供に説明ではなく、
あなた自身が知っておけばいい事です。

 七夕というのは、
もともとは日本古来から行われている季節の節目の
水害や病害などから作物を守って祈るという収穫祭と、
古代中国の七夕伝説、手習い事の上達を願う
「乞巧奠(きっこうでん)」の3つが合わさって出来た行事なのです。

 ですので子供にこんな詳しく説明しても、
『???』となってしまいますし、
七夕伝説を説明すればいいんではないでしょうか?

 難しい話は、
眠くなっちゃいます・・・( ̄▽ ̄;)

七夕伝説とは?

 昔々天を支配する神様の娘に、
織姫という機織りの上手な娘がいました。

 えらく可愛がっていたのですが、
結婚する年頃にもなったので
愛相手を探して見つけたのが、
好青年の牛飼いの彦星でした。

 2人はその後結婚したんですが、
結婚後は仲が良すぎて遊んでばかりで
仕事を全くしなくなりました

 それを見て怒った天の神様は、
2人を仕事をさせる為に
引き離してしまったのです。

 会えなくなった後も2人は悲しんで
ばかりで仕事を全くしませんでした。

 そこでちゃんと仕事をするのなら、
7月7日の1日だけは会わせてくれる!
っていう事になり、その日の為に2人は
一生懸命仕事をするようになったのです。

 空を見て『今日は今頃、彦星と織姫が
デートしてるんでしょうね~♪
』って言えば
子供達もウンウンって聞いちゃいますよ。

短冊の色の意味

 短冊に願いを書いて笹に吊るして飾るっていう事をしますよね?
短冊も緑(青)・赤・黄・白・紫(黒)っていう色がついていると思います。

 この短冊の色というのは古代中国の陰陽五行説に
由来しているのですが、要は魔除けっていう意味があるんですよね。

 例えば色で有名なモノといえば、
鯉のぼりもしっかり5色が使われてると思います。
その他に相撲の土俵の上にある房も5色使われているのです。

 方角にも決まりがあり、
緑(青)-東・白-西・赤-南・黄-中央・紫(黒)-北
という風に設定もされています。

 一番気になるのが、それぞれの色の意味ですよね・・・・
緑(青)は、徳を積む・人間力を高める。赤は、父母や祖先への感謝の気持ち。
黄は、信頼、知人・友人を大切にする。白は、義務や決まりを守る。
紫(黒)は、学業の向上。

 ってそれぞれの意味もちゃんとありますし、
紙に上記を書いて子供の前に置き、それぞれ短冊に書く時にどの色の短冊に
どのような願いを書くか考えさせるのもいかもしれませんね~♪

 七夕っていうのも調べると
奥が深いですよね・・・(・ω・A;)アセアセ

 ちょっと関心しましたが、
簡単に説明って意外と難しいかも(゚Д゚υ≡υ゚Д゚)ァタフタ

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す