七夕にそうめんを食べる理由とは?


 七夕は節句の一つで、
桃の節句や端午の節句と同じ
季節の節目として昔から年中行事の
1つとしても言われているのがありますよね。

 桃の節句は菱餅やひなあられ、
チラシ寿司などの食べ物が有名ですね。

 端午の節句となれば、ちまきや柏餅
といった食べ物が有名です。

 やはり食べ物っていうのは、行事事には
欠かせない御馳走なんでしょうね。。。

 そうなると七夕の日に何を
食べなくちゃいけないの?
って思っちゃいますよね。。。

スポンサードリンク


 そこで調べてみたら、七夕の日には
そうめんを食べなくてはいけない
って事がわかっちゃったんですよね。。。

 でも、なぜそうめんなの?
ってのも思っちゃいますよね・・・

 そこで、
七夕にそうめんを食べる理由とは?
っていう事を調べてみました。
参考にして頂けるとありがたいです。

七夕にそうめんを食べる理由

 調べてみるといろんな説が飛び交っていますが、
そうめんは中国から伝わってきた事には間違いないようです。

 七夕伝説も伝説として現実にあったかどうか微妙なところ
なんですが、そうめんを食べるようになった理由というのも???
ってな感じ。。。

 それが、古代中国の帝(みかど)の子が7月7日に
熱病で亡くなったのですが、その後に霊鬼となって熱病を
流行らせたのです。そこで生前にその子が好きだった
「索餅」(さくべい)という小麦粉料理のお菓子を供えて祀った
ところ、熱病が沈静化したようです。

 それから中国では、7月7日に索餅を食べれば
1年が無病息災で過ごせると言われるようになったのです。
その伝説が七夕の基となるなる行事と同時期に伝えられたのですが
麦餅から時代と共にそうめんへと変化し、江戸時代にそうめんが
七夕の供え物と確立したのです。

 伝説って
神秘的っヽ(ill゚д゚)ノ  アンビリバーボ

その他の理由

 中国から伝わった霊鬼の祟りを鎮める
というのも神秘的な伝説ですが、
糸日本古来から棚機津女(たなばたなつめ)
というお祓いする行事があったのです。

 内容というのは、水辺の付近に機織り機を
置いて織物を神の為に織るという事を
やっていたのです。

 その行事と中国から伝来した女性が
針仕事の上達を願う乞巧奠(きこうでん)
という行事が合わさり、現在日本で
行われている七夕という行事が
確立したのです。

 機織りや針仕事に
欠かせないのが糸ですよね。
そうめんの麺を糸に見立てたというのも
大きな理由になるでしょうね。

 また天の川を見立てた
っていう説もあるようですが、
やはりそうめんの麺を糸に見立てたという
理由が一番納得いく内容なんでしょうね。。。

温かいそうめんを?

 あなたはゆで上げたそうめんに
熱いツユをかけて食べるそうめんをどう言いますか?
普通に熱いそうめん!なんて言いませんよね~・・・

 『にゅうめん』って言ってるのを聞いた事がありませんか?
確かに熱いツユで食べるそうめんを『にゅうめん』
って言ってるのを聞いた事があります。

 じゃ~漢字でどう書くの?ってなりますが、乳麺って書くと思ってました。
そうめんの色が白いだけに、牛乳の様に白くって・・・

 ところがどっこい、『煮麺』(にめん)って書いてるのを、
『にゅうめん』って発音がなまって呼ぶようになったようです!?
言い方の問題?って話になるんですがね。。。

 ちなみに『にゅうめん』をよく食べる地域になると全国各地で
食べられてるようですが、兵庫県の揖保の糸を使った『にゅめん』が
関西地区のお店のメニューでも出されてるようですね。

 そう考えると、関西地区での
『にゅうめん』の普及率っていうのは高いのかも~・・・

 サラダやチャンプル―に
使われてるそうめんも美味しいですよね。

 今年の七夕はそうめん食べて
夏バテを吹っ飛ばしましょう!p(`・ω・´)q

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す