折り紙での立体のバラの折り方とは?色の意味とは?


 贈り物の花の1つに、
バラというのがありませんか?

 どうしてもバラという花を貰うと、
特別な思いにもなっちゃったりする
っていうのもあるのかもしれません。

 ちょっと敷居の高い花っていう感じが
して。。。ってプレゼントされる
っていうのは嬉しい事ですからね~。。。

 本物のバラっていうのもいいでしょうが、
折り紙で作った手作りの立体のバラ
っていうのも味がありませんか?

スポンサードリンク


 手作りなだけに本物のバラと違って
いつまでも飾っておけるのもあるし、
思いも強く伝わってきますよね。

 しかし折り紙で作る立体のバラの
折り方を知らないから出来ないじゃん。。。

 そこで、
折り紙での立体のバラの折り方とは?
色の意味とは?
って事を調べてみました。
参考にして頂けるとありがたいです。

折り紙での立体のバラの折り方

 折り紙1枚を使って折るのではなく、
今回はピンクの折り紙3枚と
緑の折り紙3枚を合体させて
立体のバラを作ります。

 動画でゆっくりとわかり易く
折り方を実践しています。

 ゆっくり見ながら作ってみましょう!



 こんな作り方があったんだ~!?
ってちょっと感動しちゃいました。。。

 出来上がった時の感動というのは
大きいですよね。(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

父の日にバラの理由

 母の日にカーネーションを贈る
というのは知られていますが、
父の日にバラを贈るというのを
知っていましたか?

 2014年は6月15日が父の日となります。
それではなぜ父の日にバラを贈る事に
なったのでしょうか?

 日本での父の日の由来というのは
アメリカから来たとされています。
父の日
 男手一つで育ててくれた父の墓前に
白いバラを供えた事から、
父の日の花はバラになったのです。
ちなみに父が健在の場合は赤いバラを。
故人の場合は白いバラを贈るとされています。

 日本では父の日に、黄色いバラを
贈るのが一般的になっています。理由として、
黄色は身を守る為の色として確立しており、
南北戦争時には黄色いリボンを戦地に行く
人達に贈り、愛する人の無事を願いました。

 そういう理由から、
「日本ファーザーズ・デイ委員会」が
設立されて父の日に毎年著名人を
表彰しているのです。

 黄色いバラは「愛と信頼と尊敬を表す色
としてるのです。

バラの色の意味

 バラにはいろんながありますよね。
ちゃんとそれぞれ色の意味というのもあり、赤は情熱・愛情。
ピンクは感謝・上品・気品。オレンジは絆・信頼・さわやか。
黄色は友情・献身。白は尊敬・清純っていう意味が含まれています。

 さまざまなバラの色の意味はわかりましたが、
贈る際に注意が必要のバラの色があります。それというのが、
まず黄色のバラです。なぜ?ってなりますが、
実をいうと嫉妬という意味も持っているのです。

 相手の方が黄色いバラが好き!っていう場合や父の日はいいでしょうが、
その他の場合は誤解を招く恐れもあるので注意が必要です。

 そして白いバラも注意が必要です。
この理由として、元気で生きておられる方に白いバラを贈るというのは、
ど~も不謹慎ではないでしょうか?

 白いバラが好きでリクエストがあれば別でしょうが、
どうしても年配の方に贈るのはマナー違反ではないでしょうか?
そう考えると赤やピンクのバラを贈るのが、一番いいのでしょうね。

 折り紙ので折ったバラはいつまでも
枯れずに観賞できるのがメリットですよね。

 父の日に手作りのバラを折り紙で
折って贈られてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す