麦茶の効能とは?熱中症予防にいいの?


 夏の飲み物は?て質問されて真っ先に
思い付くっていうのはビール?

 ま、ビールも暑い日には最高に
美味しい飲み物でしょうけど、
麦茶っていうのも思い付きませんか?

 夏にほんとよく麦茶っていうのを飲む
っていうのが各家庭ではあると思います。

 私は過去に母に麦茶って出された
麺つゆを飲んでビックリしたという嫌な
思い出っていうのがあるんですがね。。。

スポンサードリンク


 色もよく似てるから間違えるかも
しれないけど、喉が渇いてる時に
出すかな?って。。。

 そんな思い出はさておき、麦茶には
どんな効能っていうのがあるのでしょ?

 夏場になると麦茶がいいと言ってますが、
何の効能があるのかって。。。

 それと熱中症予防にもいいって
聞いたんですがホントでしょうか?

 そこで、
麦茶の効能とは?熱中症予防にいいの?
っていう事を調べてみました。
参考にして頂けるとありがたです。

麦茶の栄養と効果
食物繊維-便秘の予防効果
リノール酸-コレステロール低下作用・血圧降下作用効果
-貧血予防効果
カリウム-腎臓の老廃物排泄を促しむくみ取り効果
ピラジン-血栓抑制効果

 すごい栄養と効果
ですね~( ゜д゜)ンマッ!!

麦茶の効能

 麦茶の歴史は古く、平安時代から
すでに麦湯というので飲まれていました。

 この頃から夏に飲まれてる理由に、
原料となる大麦の出荷が初夏であったのも大きな理由です。

 麦茶の効能として、体温を下げる事や
血液をサラサラにしてくれるという効能が知られています。
また胃の粘膜も保護してくれるという優しい飲み物!

 お茶というだけあってカフェインが含まれてるのでは?
って思っちゃうかもしれませんが、ノンカフェインで
しかもノンカロリー
という体にいい飲み物です。

 大麦の出荷が初夏だったとはいえ、大昔から麦茶が夏の飲み物
と確立してた事に、先人の知恵というのに感心させられますね。。。

 栄養学が発達していないのに
すごいです・・・w(*0o0*)w(*0д0*)!マジ??

熱中症予防に麦茶がいいの?

 夏場になると必ず全国のどこかで
熱中症を発症させて病院に運ばれる
梅干しというニュースが流れますよね。

 この熱中症の原因となるのが、
水分不足による脱水とナトリウム(塩分)
不足
です。症状としていろいろありますが、
重度の場合は死に至る場合もあるのです。

 その熱中症予防に一役買ってくれるのが、
麦茶と梅干しの組み合わせなのです!

 麦茶に含まれるミネラルである
鉄分とカリウム、そして梅干しに含まれる
塩分が有効に熱中症予防してくれるのです。

 また梅干しに含まれるクエン酸も、
疲労回復に効果
があるのです。

 実際に梅干しの産地である和歌山県では
推進している事実もあるのです。

 今年の夏は、麦茶と梅干しで
暑い夏を乗り切りましょう!

麦茶でコーヒー牛乳!?

 アボガドに醤油を掛けて食べると、
トロの味がするっていうのは有名な話ですよね。

 その他にきゅうりにハチミツをかければメロンの味がするようです。
みかんとしょうゆとのりでいくらの味っていうのも信じがたいのですが
これが事実・・・それが麦茶にもあるんですよね。。。

 麦茶っていうと、砂糖を入れて飲む地域もあるという衝撃的な事実
があるようなのですが、味わった事がない私にとっては未知の世界・・・

 話はそれましたが、
麦茶に砂糖とミルクを足すとコーヒー牛乳の味になるようなのです。
ブラックコーヒーを薄めると麦茶に似てるって事もあるようですし。。。

 実際に『味覚センサ』という機械の開発により、
食材同士の味が似ている組み合わせが数値化してもそっくりの味に
なることが明らかになったようなのです。

 すごい機械が開発されたモノです。。。

 違う食品の組み合わせで
違う味が・・・!!(;゚ロ゚ノ)ノ

 考えてみるとすごい事ですね~。。。Σ(`・Д・ノ)ノ

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す