ラムネの瓶にビー玉が入ってる意味とは?取り方とは?


 昔から夏祭りなどに水色の瓶に入った
ラムネというのが屋台で売り出されていますよね。

 今ではいつでもスーパーなどで
売られてるっていうのがありますがね。

 ラムネと聞くと、
飲むと炭酸のシュワッってした感じが
喉を駆け巡って爽やかで美味しい!
って思っちゃいます。

 たまに炭酸が嫌い
っていう人もいるでしょうが、
私は大好きです。

スポンサードリンク


 ところでラムネの瓶には
ビー玉が入っていますが、
意味っていうのはあるのでしょうか?

 飲む時に傾けるとど~もビー玉が
邪魔して飲みにくいんですよね。。。

 ぶっちゃけ邪魔なので
取っちゃいたいって思うんですが。。。

 そこで、ラムネの瓶にビー玉が
入ってる意味とは?取り方とは?
っていう事を調べてみました。

 同じように思われてる方の
参考になれれば嬉しい限りです。

ラムネの瓶にビー玉が入ってる意味

 ラムネを飲む時に必ずするのが、
キャップを外して玉押しというビー玉を押す事ですよね。
これをしないとラムネを飲む事が出来ません。

 この時に思うのが、
なぜラムネのにビー玉が入ってるの?って事です。

 この理由として、ビー玉はラムネの瓶の栓になってるという事です。
昔はコルクなどで栓をしてたようですが、コルクですと高価という理由、
時間が経つと炭酸が抜けてくるという理由から不向きでした。

 そこで考案されたのが、ビー玉で栓をするという方法です。
ラムネを瓶に入れた時に、気化した炭酸ガスの圧力で内側からビー玉が
飲み口に押し付けられて栓をするという構造
になってるのです。

 この構造ですと、瓶を洗って再利用出来ますよね。
こういう理由から、ラムネの瓶にビー玉が入っているのです。

 ビー玉にもちゃんとした意味
っていうのがあったんですね。。。∑( ̄□ ̄;)ナント!!

ラムネが瓶で水色の理由

 ラムネを飲むと思うんですが、
なぜラムネが瓶で出来てて水色なの?
って思いますよね・・・

 この理由として、ラムネの瓶が
ラムネの瓶日本に登場したのは明治時代で、
この当時の技術からラムネの命である
炭酸ガスが抜けにくいのがガラス瓶
一番最適というのがあったようです。

 現代の技術では、缶やペットボトルに
炭酸飲料を入れるのは容易い技術ですが、
当時は瓶に入れるのが最先端だったのです。

 じゃ~なぜ瓶が水色なの?
って思いません?

 ラムネというのは
昔から夏の飲み物の象徴です。

 水色というのは、清涼感を感じる色
として確立されているのも理由でしょう。

 そしてさらに瓶の中に入ってる
ビー玉が涼しい音を奏でてくれるのも、
夏の飲み物の代名詞となって今現在も
根強い人気が残ってる理由なんでしょうね。

ビー玉の取り方

 ラムネの瓶のビー玉の取り方です。
簡単に取れるので見てみましょう。

キャップを逆方向に回す事によって
キャップが取れてビー玉が取れちゃいます。

 ただメーカーによってキャップが
取れない場合もあるようで、、、(●0●)マジで?

 その場合は、
瓶を割るしかないようです・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

ラムネの由来

 昔から夏の飲み物として有名なラムネですが、
実をいうとラムネの由来というのが、江戸時代に
日本の鎖国を終わらせる要因となったペリーの来航時のようです。

 黒船の甲板での役人との交渉時に
振る舞ったのが最初と言われています。
それがラムネではなくレモネード
レモン味の炭酸水だったようです。

 栓を開けた時にポン!いう音から、
銃声と勘違いして刀に手を掛けたという逸話もあるようです。

 その後、長崎でレモン水としてラムネを売り出したようですが、
思う様に売れず名も広まらなかったようで。

 それ以来、レモネード『Lamonade』⇒『Lamune』⇒ラムネ『Ramune』
と訛って現代のラムネが確立したのです。

 いや~ペリー来航時が
ラムネの原点とは・・・(*´・∀・)(・∀・`*)ヘー

 すごい話です。。。(゚o゚)ビクーリシマシタ

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す