天神祭 2015年の日程は?見どころや穴場スポットは?


夏となれば全国各地で夏祭りが開催されますよね。

夏祭りに付き物と言えば花火や屋台で、
必ず人がたくさん集まるのがありますよね。
完全に夏の風物詩として定着しています。

私は学生の頃に大阪に住んでいましたが、
大阪には天神祭という大きな祭りがありました。

調べてみると、日本三大祭りの1つとして
京都の祇園祭や東京の神田祭と数えられてるようですね。

大きい祭りとは思ってましたが
そこまで大きいとはちょっとビックリです。

スポンサードリンク


ところで2014の天神祭の日程はどういう風になってるんでしょ?
今から行く予定も立てておかないとね。。。

それと見どころや穴場も知っておけば、
予定を立てやすいってのもあるし。。。

そこで、
天神祭2015の日程は?見どころとか穴場ってあるの?
って事を調べてみました。
参考にして頂けるとありがたいです。

天神祭 2015の日程

6月下旬から7月下旬にかけていろいろな諸行事が行われますが、
7月24日の宵宮(よいみや)という前夜祭と
25日の本宮に行われる船着場まで練り歩く陸渡御(りくとぎょ)、
大川に多くの船が行き交う船渡御(ふなとぎょ)や
奉納花火が1ヶ月の祭りの中で一番盛り上がります

宵宮7月24日
本宮7月25日
時間
内容
時間
内容
4:00 一番太鼓 13:30 本宮祭
7:45 宵宮祭 14:30 神霊移御
8:30 鉾流行列参進 15:30 陸渡御列出発
8:50 鉾流神事 17:30 船渡御列出発
11:00 行宮祭 18:00 船渡御
12:00 天神講獅子・獅子舞 19:00 船上祭
16:00 催太鼓氏地巡行 19:00 奉納花火(21:00終了)
16:30 どんどこ船宮入・鉾流神鉾奉還 20:30 催太鼓の宮入開始
18:00 水上薪能 22:30 還御祭
18:40 催太鼓宮入
19:00 獅子舞宮入
18:00 タイ国ロイクラトン祭(24、25日)
天神祭の見どころと穴場

天神祭に見どころにギャルみこしという
正式名称「天神祭女性神輿」が7月23日に開催されます。

全国から参加者を募り面接選考会を経て選出されますので、
今では天神祭の見どころの1つとなっています。



出発地点は天神橋筋扇町交差点(夫婦橋北側)を12:00にスタートします。

天神橋筋商店街の中を通るため、
比較的広い夫婦橋、天五中央、天六、JR天満駅、南森町駅付近
などで見学がいいかも。

スポンサードリンク





総勢3000人の大行列が船渡御の乗船場である天神橋までの間を、
老松町通、新御堂筋、市役所北側を通って約3kmのコースを
歩いていく陸渡御(りくとぎょ)

第一陣は、猿田彦、采女、稚児、牛曳童児。
第二陣は総奉行、前行などの騎馬に続き、御羽車、御神霊
を奉安した御鳳輦(ごほうれん)。
第三陣は鳳神輿(おおとりみこし)、玉神輿と行列が続きます。



15:30に大阪天満宮を出発します。
やはり境内を出ていく出発時が見どころとなるでしょうね。





船渡御は神様に氏子や市民の暮らしぶりを
船中からご覧いただき御加護を祈願する目的で行われています。

船渡御を見ようと当日はめちゃめちゃ混むのがありますので、
八軒家浜(京阪・地下鉄「天満橋」駅すぐ)という有料ではありますが、
ゆっくりと船渡御をゆっくり観覧できる場所があります。


天神祭を締めくくる意味で打ち上げられるのが奉納花火です。
この動画は桜之宮公園から撮影されています。

船渡御と奉納花火が同時に見れるという豪華版!
場所取りは相当苦労されたようです・・・




天神祭奉納花火の穴場

天神祭の奉納花火は、
7月25日の夜19:30から打ち上げられます。

奉納花火概要
開催日時    7月25日(土)19時30分~21時00分
雨天時     小雨決行、荒天中止
開催場所    桜之宮公園、川崎公園周辺一帯
アクセス    桜之宮公園会場:桜ノ宮駅下車徒歩10分
        川崎公園会場:大阪北詰駅下車徒歩10分
打ち上げ数   4000発
最大打ち上げ  2.5号玉
昨年の人出   130万人

基本的には川を挟んで東側エリアと西側エリアに観光客が集まります。

東側エリアは桜ノ宮公園に屋台も多く出ている為に、
身動きできないくらい人が多く集まります。

西側エリアはOAP付近を中心に観覧客はいますが、東側よりもマシ。
16時前から場所取りしなといけません。


大阪市内とあり、人込みを避けたいと
離れすぎてもビルに隠れて花火も見えなくなる・・・

そこでおススメな穴場というのが都島橋


大阪市都島区中野町4丁目付近(JR大阪環状線「桜ノ宮駅」すぐ

大きな地図で見る

ちょっと離れちゃいますが、大阪城も見えて
十分花火を人に酔わず見れる穴場です。
ゆっくり花火を堪能空いてくださいね♪

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す