横浜開港祭 花火2016日程とは?穴場スポットは?


「ヒュードッカーン」。。。
「めちゃめちゃ綺麗!」「お前も綺麗だよ・・・」

あ~気になる人とデートして~!
って考えてる方が多いのではないでしょうか?

まずデートをする場所と考えちゃうのが、
映画やテーマパークといった場所ですよね。

やはり気になる人といっしょに楽しみを共感したい!
っていうのがありますもんね。

スポンサードリンク


ところでアナタは横浜開港祭を知っていますか?

聞くところによると、様々な催し物があって
花火まであるというイベントだそうです・・・

そういうイベントだと、食も楽しめたり目でも楽しめるのもあって
デートにうってつけの場所だと思うのですが。。。


花火があるとの事ですし、気になる人の為に花火を見る穴場スポット
さえ知っていればポイントアップ!
って思っちゃいますよね。。。

じゃ~2016横浜開港祭の花火日程っていつなんでしょ?
ついでに穴場スポット
も知りたいっすね~。ちょと調べてみました。

横浜開港祭の花火

まずは横浜開港祭の花火を見てみましょう。

音とともに打ち上げられる花火っていうのは、
一味違った花火でちょっとお得感が増しますよ~♪



この動画は2013年に開催された横浜開港祭の花火ですが、
2013年は6月9日(日)に開催されています。

どうも横浜開港祭り自体が、
6月8日(土)・9日(日)にずれたようです・・・

スポンサードリンク

2016横浜開港祭日程

横浜開港祭記念日は本来6月2日日程と決まってて
横浜市立の学校はすべて休みとなるというのに、
2013年はなぜ横浜開港祭りが6月8日(土)・9日(日)にずれたのでしょ?

昨年は、6月1日(土)から「第5回アフリカ開発会議」や
その関連イベントが6月の初めに集中してて、混雑が予想される事から
日が6月8日(土)・9日(日)にずれたようです。


じゃ~2016年の横浜開港祭の日は?ってなりますよね。
今年は開催日が、6月1日(水)・6月2日(木)
の2日間となりました!

いろんなイベントもあるので、デートするなら
どの日にしようか迷っちゃいますよね・・・

2016横浜開港祭の花火日程

横浜開港祭の花火って聞くと、
何万発も打ち上がる大きな花火大会と思われるでしょうが、
打ち上げ数が4000発で時間にして30分という
大きな花火大会ではありません。

ただ、横浜開港祭を締めくくるフィナーレとして、
レーザー光線による演出や、「光」「音」「水」「花火」の
華麗なショーとなる異色の花火が観賞出来ると、
多くの見物客が訪れます。

2016横浜開港祭の花火日程
開催地】神奈川県横浜市西区みなとみらい
場所】臨港パーク前海上
日程】2016年6月2日(木)
時間】20:20~20:50
打上げ数】4,000発 

気になる人といっしょに見る価値はあるのではないでしょうか?

いっしょに見て共感すれば、いい思い出になる事間違いなし!

穴場スポット

横浜開港祭には、さまざまな催し物が見れる場所として
特別観覧席が有料席チケットとしてあります。

昨年は2日間使用出来てペアで40,000円という価格!?
また花火観覧席としてペアで6,000円出せば芝生席で
場所取りもせずに見れます。


ただ花火の打ち上げ時間というのが30分。
30分の為にペアで6,000円っていうのも高いですよね・・・

しかしこの横浜開港祭の花火は、華麗なショーとされる花火です。
音が聞こえないくらい離れて見るのはもったいないですが、
無料のメインステージ前の芝生の場所はこの通りの人の多さ・・・


観客

仮に場所取りのシートを置いても、警備員に撤去されるのがオチ・・・


そこでおススメするのが、臨港パークのぷかりさん橋近くのスポット!


【神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目ぷかりさん橋】

大きな地図で見る

開港祭イベントのテントは花火直前に撤去されるので、
穴場スポットは、開港祭イベントのテント撤去場所
テントが建ってる付近と思っておきましょう。
花火直前なので空いているのです。

30分くらいですし、わざわざ場所取りの時間を割かずに
イベントを楽しんじゃいましょう!


最寄りの駅はみなとみらい線みなとみらい駅、
JR,市営地下鉄桜木町駅です。桜木町駅からは、
無料のシャトルバスも出ています。

横浜開港祭を日中から楽しんじゃいましょう!

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す