葵祭2016日程とは?斎王代の選び方は?


京都っていうのは
古い街並みや神社仏閣などたくさんあって、
多くの観光客が訪れるっていうのがありますよね。


中学校時の修学旅行で行った
清水寺の舞台から眺める景色も印象的で
未だに心に残っているのがありますね。

それだけ綺麗な
景色だったっていう証拠でしょうね。。。

スポンサードリンク


ところで京都のお祭りに、祇園祭と並ぶ
大きいお祭りの葵祭というのがありますよね。

聞くところによると、
京都最古のお祭りというのを聞いたのですが、
葵祭の2016年の日程ってどうなんでしょ?


また平安時代の恰好をした行列があり、
斎王代(さいおうだい)という女性が毎年選ばれてるようですが、
選び方ってどういう風にするんでしょ?
いろいろ葵祭を疑問に思ったんで調べてみました。

葵祭とは?

まずはどういう祭りなのかを、
動画で確認してみましょう。



葵祭の意味

葵祭というのは、
京都御所から下鴨神社・上賀茂神社へ新緑の都大路を、
総勢500名を超える平安貴族の恰好で優雅な行列
練り歩くお祭りです。

起源というのが6世紀に遡り、
国中が凶作や飢饉、疫病が発生して祟り
とされた事で鎮める為に天皇の命令から祭礼が行われました。
これが葵祭の始まりとされています。

お祭りの祭具のすべて葵の葉で飾るので葵祭の名
とされるのですが、葵は古くから雷除けや魔除け
というように邪気を祓うという意味から葵の葉が
付けられているのです。

スポンサードリンク

葵祭2016日程

2016年5月15日(日)10:30~(雨天順延)!


巡行コース
巡行コース
参照:http://kyoto-design.jp/special/aoi

斎王代とは?


斎王代

斎王代というのは、賀茂神社の神に遣える為に
皇室から差し出された巫女という意味を持っています。

ですので葵祭自体は、輿(こし)という
人を乗せ人力で持ち上げて運ぶ乗り物に乗せられて
下鴨神社と上賀茂神社にお土産を持っていって
平和を祈願するという儀式なのです。

ですので斎王代は誰でもなれないのです。

斎王代の選び方

この斎王代というのは
誰でもなれないとわかりましたが、
選び方ってどういう風になるの?
って疑問に思っちゃいますよね。

斎王代の選び方

実をいうと斎王代の一般公募を受け付ける窓口は存在しない
という事実があるのです。そして京都のお祭りという事で
京都ゆかりの寺社・文化人・実業家などの令嬢(主に20代)
が選ばれているのです。

理由として、斎王代としてお役目を終える為には数千万円
という費用を自腹で払う必要があるからなのです。

裕福な家庭でないと無理って事のようです。

庶民にとっては、
夢の夢って事なのでしょうね。。。

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す