鎌倉あじさい祭り2016!長谷寺の見頃とは?


梅雨の時期っていうのは雨も降って湿気も多く、
気分も優れないっていうのがありますよね。。。

湿気が多いとカビも発生するっていうのもあるし、
洗濯物も乾かなくなるのでホント困っちゃいますよね・・・
ジメジメってほんと嫌・・・

そんな中でも梅雨時期に楽しめる事があるのですよね~!?

スポンサードリンク


それっていうのが、あじさいを観賞する事です!
雨に映える花と言えばあじさいって思いません?

このあじさいの名所となってるのが鎌倉
実際6月から7月は毎年あじさい祭りとして全国からの
観光客で賑わってます。


そして今回その中でもあじさいの有名な長谷寺をご紹介。
しかし鎌倉あじさい祭りっていっても長谷寺の見頃
ってわかりませんよね。。。

そこで観光したい方の為に調べてみました。
参考にして頂けるとありがたいです。

長谷寺のあじさい

まずは長谷寺のあじさいを動画で見てみましょう!

たくさんのあじさいが
色とりどりで咲き乱れてますよね・・・



長谷寺のご案内

開門時間
◇夏時間 3月~9月   8:00~17:00 ( 閉山17:30 )
◇冬時間 10月~2月   8:00~16:30 ( 閉山17:00 )

入山料金
一般入山者 大人-300円 子供(小学生)-100円 
団体入山者 大人-250円 子供(小学生)-50円
(30名以上)

駐車場】※予約および駐車場のみのご利用は出来ません。
■営業時間
◇ 3月~9月 (8:00~17:00)
◇10月~2月 (8:00~16:30)
普通車 30台 30分-300円 
バ ス 4台 30分-1,000円

交通案内
■お車  横浜横須賀道→朝比奈インター→ 県道204号
■電車  JR 横須賀線→鎌倉駅下車→バス(10分)又は江ノ電(5分)
     小田急線→藤沢駅下車→江ノ電→江ノ電「長谷駅」より徒歩5分

スポンサードリンク


長谷寺【神奈川県鎌倉市長谷3丁目11-2】

長谷寺のあじさいの見頃


あじさい

長谷寺のあじさいの見頃というのは、
例年6月中旬~7月中旬と言われています。

そう言われていますが、
昨年は6月6日時点ですでに見頃となって咲き乱れてたようです。

見頃が例年6月中旬~7月中旬と言われていますので、
この時期は溢れんばかりの混雑が予想されます。

ですので、2016年は6月の上旬に見に行かれる事をおススメします!


ただ6月上旬と言っても、10:00を過ぎれば混雑は避けれません。
8:00から入山出来ますし、あじさいの写真や動画を人が入らない様に撮りたい!
っていう人は9時までに入山したほうがいいですね・・・
そのほうが確実に綺麗に撮影出来ます!

長谷寺のあじさいの種類

長谷寺
参照:http://ameblo.jp/ponk1110/

長谷寺には

・山あじさい
・ウスアジサイ
・ブルースカイなど・・・

40種類以上約2500株のさまざまなあじさいが
境内に植えられています。
40種類以上約2500株のさまざまなあじさいが境内に植えられています。

山の斜面には眺望散策路が通り、
歩くことが出来て訪れた観光客を楽しませてくれます。


また鎌倉の海と街並みが一望できる見晴台からは
由比ヶ浜も見え、絶景のポイントとされています。

下山時はちょっと名残惜しいですが、
上から見下ろすあじさいのたくさんの種類を堪能する事が出来ますよ!

鎌倉に多いあじさいの理由

あじさいっていうと有名なのが鎌倉ですよね。
長谷寺の他にもたくさんの鎌倉のお寺が、
あじさいの観光スポットとなっています。

実際に鎌倉の年間観光客数は、8年連続1,800万人超えて
沖縄の3倍以上の方が観光されていると言われてます。


どうしてここまで人気となってるのでしょ?

それっていうのがどうも山あり谷ありの地形が
鎌倉の人気の要因となっているようです。
っていうか、鎌倉自体が山を切り崩して作られた街なのです。


じゃ~なぜ鎌倉があじさいの名所となってるんでしょ?
それはあじさいの咲いてる場所と関係があります。

長谷寺あじさい

あじさいは鎌倉の山の斜面に咲いてる光景を目にしますよね。
鎌倉自体が山を背負っている土地柄で、
斜面の土砂が流れる事がよくあるようで。

要は土砂崩れを防ぐ為にあじさいを植えているのです。


実際にあじさいの根の長さは70cm以上あり、
斜面の表面の土が流れるのを防ぐ効果が期待出来るようです。

あじさいは斜面の多い鎌倉を守ってくれていたのです!


あじさいは目で楽しませてくれるだけじゃなかったのですね・・・
防災にもなって観賞も出来ちゃう!

一石二鳥ですね♪

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す