成田祇園祭2015日程とは?見どころやアクセスは?


夏っていうのは各地で祭りが開催されるのもあり、
観光するのも最高の季節となるのがありますよね。

日本人にとって祭りというのは、
最高のエンターテイメントになるのではないでしょうか?
.
.
笛や太鼓の祭囃子を聞いてれば、
心ウキウキしてきちゃうっていうのは、
ほんと日本人で良かったな~って思う瞬間でもあります。
.
.

スポンサードリンク


ところで京都の祇園祭って有名なんですが、
千葉にも祇園祭ってあるのを知ってますか?

成田祇園祭と言って、
千葉県の成田市で開催される祭りなんですよね!
.
.
神輿や山車・屋台が繰り出して大きな祭りである為に、
毎年観光客が祭り時にめちゃめちゃ多くなるのがあります。

そんな有名な祭りなら
成田祇園祭の2015年の日程は?見どころって何?
って思う方も多いでしょう・・・
.
.
そんな方の為に成田祇園祭についてまとめてみました。
参考にして頂けるとありがたいです。

成田祇園祭の総引き

数年前の成田祇園祭最終日に行われた総引きです。

300mの急勾配を勢いよく登る
山車を引っ張る人の勢いや迫力がすごい!

見入ってしまっちゃいました・・・



成田祇園祭の2015年日程

成田祇園祭は、毎年7月の7日・8日・9日に直近の
金・土・日曜日の3日間に開催されます。

2015年は、
7月10日(金)・11日(土)・12日(日)になります。

日にち 時間 場所 内容
7月 10日(金) 13:30 成田山大本堂前 安全祈願、鏡開き、山車・屋台競演(総踊り)
7月 11日(土) 9:00~ JR成田駅広場 山車・屋台競演(総踊り)
7月 12日(日) 13:00~ 門前~薬師堂 山車・屋台総引き
15:40~ 成田山大本堂 御輿還御式、山車・屋台競演(総踊り)

スポンサードリンク


成田山新勝寺【千葉県成田市成田1】

アクセス

自動車の場合】東京~成田(東関東自動車道路で成田IC⇒国道295号線⇒寺台IC直進 駐車場MAP

電車の場合
≪JR≫
東京~成田(横須賀線・総武線直通「快速エアポート成田」で約75分) 特急で約60分)
上野~成田(我孫子経由普通で約80分)
品川・新宿・池袋~成田(成田エクスプレスで約60分)JR成田駅下車

≪京成電鉄≫
京成上野~京成成田
(スカイライナーで約50分)(快特で約65分・特急で約70分・快速で約85分)
(成田スカイアクセス開業後、スカイライナーはシティライナーと改称されます)
※京浜急行→都営地下鉄→京成電鉄と乗り入れ接続あり
(羽田空港より、快特・特急・快速の直通運転あり)京成成田駅下車

成田スカイアクセス
京成日暮里~京成空港第2ビル(新型スカイライナーで約36分)
京成上野~京成空港第2ビル(新型スカイライナーで約40分)
※成田駅から徒歩で約15分。

バスの場合
空港周辺の各ホテル運行の無料シャトルバス~成田
(JR成田駅東口7番のりば・京成成田駅東口ホテルバスのりば)

飛行機の場合
成田国際空港の成田空港駅または第2ターミナル駅~成田
JR・京成線利用で約10分(JR・京成成田駅下車)

成田祇園祭とは?

約300年の歴史を誇る成田祇園祭は、成田山新勝寺のご本尊、
大日如来の祭礼「成田祇園会」と併せて行われる祈りの祭りで、
御輿や10台の山車・屋台が曳廻される他、踊りやお囃子の
競演する大きな祭りです。

また神社と成田山「神仏」が混合した
全国的にも珍しい祭りでもあります。

五穀豊穣・万民豊楽・所願成就を祈願する目的
行われるのです。

山車と屋台の違い

山車・屋台は各町全部合わせて10台出ます。

各町とも自分たちの山車・屋台が誇りで、
山車や屋台、囃子(はやし)、祭り半纏(はんてん)などを自慢し合い、
競い合いって成田祇園祭を大いに盛り立てています。
.
.
ところで山車と屋台の違いですが、
山車の場合は人形を載せているのが一般的です。

屋台の場合は、全体が囃子(はやし)台か、
あるいは踊り舞台となっているものを言います。
.
.
今は電線が地中に埋設されたので人形を飾って
引き廻しできるようになりましたが、
昔は電線があった為に人形を引っ込めて通っていたという
過去があるようです。

成田祇園祭の見どころ


総踊り
参照:http://www.city.narita.chiba.jp/kanko/saijiki/cal-gionsai.html

成田祇園祭は3日間あるけど、
このうちのどの日が見どころになるの?
って疑問になられる方もいるでしょう。
.
.
それぞれの日が魅力ある祭りですが、やはり12日の日曜日に行われる、
山車・屋台の成田の坂道を登っている時が一番迫力のある
見どころ
ではないでしょうか?

引き手たちによって山車・屋台が威勢よく一気に坂道を駆け上がる様子は、
一度見ると脳裏に焼き付くくらい凄いです!

子どもから大人まで100名を越える引き手が心をひとつにして
力を合わせて綱を引っ張って坂を一気に駆け上がり、
この時の囃子(はやし)の曲調も印象付ける意味があるのかもしれませんね。
.
.
また、成田山新勝寺大本堂前で行われる町ごとに囃子(はやし)に
振りを付けて独自の味付けをした踊りを披露する総踊りも見どころの1つ
です。

踊り手のほぼ半数は女性なので、
女性の踊りに魅了されるのもあるのでしょうね♪
.
.
今年は成田祇園祭を魅了されてみては
如何でしょうか♪

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す