長崎くんち2015の日程!コッコデショを諏訪神社で見るには?


長崎県長崎市の諏訪神社で、
今年も開催される長崎くんち2015
 
 
 
長崎くんち2015は、
国の重要無形民俗文化財に指定されている、
有名な祭りです。
 
 
あまりにも日本の祭りと違うので、
初めて見るとちょっとビックリするかも・・・
 
 
 
諏訪神社の奉納踊りとして、
いろんな演し物(だしもの)が披露されますが、
アンコールの意味として言われる
モッテコーイ、モッテコイ
と、掛け声が掛けられるのが特徴的!
 
 

スポンサードリンク


 
 
その演し物の中でも有名なのがコッコデショ!
 
 
太鼓山(たいこやま)という大きな御輿(みこし)を、
放り上げて片手でキャッチというスゴ技を披露します。
 
 
 
そんなスゴイ演し物があるのなら、
生で見てみたい!って思っちゃいますよね・・・
 
 
そこで、
コッコデショのことをを詳しく知りたい!!
諏訪神社で見るにはどうすればいいのか
 
 
 
 
 
・・・など、長崎くんちを生で見てみたい
って思われる方の為に、調べてみました。
 
 
参考にして、
長崎くんちを楽しんで見ちゃいましょう!
 
 
一度生で見ると、感動しちゃうかも~♪

長崎くんちの日程とは?

まずは動画で、
長崎くんちのコッコデショを見ちゃいましょう!
 
 
 
これが7年に一度しか見れない、
コッコデショです。
 
 
この大きな御輿を放り投げての片手キャッチ!
 
 
ある意味感動です・・・(☆ω☆*)キッラキラ!!
 
 

長崎くんち開催情報

開催日時
2015年10月7日(水)7:00~、8日(木)16:00~、9日(金)8:20~

開催場所
長崎県長崎市 諏訪神社

 
 




 
 

スポンサードリンク


 
 
 
 
 
 


諏訪神社【長崎市上西山町18-15】

 
 

長崎くんちとは?

初めて行く人のために、
簡単に説明させてもらいますね!
 
 
長崎くんちは、
長崎県長崎市にある諏訪神社の祭りとして、
毎年10月7日・8日・9日と3日間に開催され、
国の重要無形民俗文化財に指定されています。
 
 
 
『くんち』の由来として、収穫した作物を神に供える日の
「供日(くにち)」から転じて「くんち」になったとする説
とも言われていますが、
旧暦の9月9日、重陽の節句に行われた祭りであることから
九日(くんち)」と言われる事でなったという説が、
有力とされています。
 
 
 
 
 
長崎くんちが有名な祭りとされる理由に、
諏訪神社の奉納踊りとして披露される、
演し物(だしもの)があります。
 
 
大きく分けて、
踊り、曳物、担ぎ物、通り物に分けられ、
和風・洋風・中国風といった日本の祭りでは感じれない
特色を持っています。
 
 
 
毎年演し物を披露するのは、
長崎市にある59の町の7町だけ
 
 
披露できる街を踊り町(おどりちょう)と呼び、
7年に一度しか回ってこないので、
7年かけて準備をし、7年間の思いを
10月の祭り本番3日間に燃焼させるという、
気合いの入った演し物なのです!
 
 
演し物は、毎年違ってくるのも
魅力的な要素を持った祭りとなっています。

コッコデショとは?

長崎くんちの演し物の中で、
コッコデショという太鼓山(たいこやま)
正式名称の演し物があります。
 
 
コッコデショは「ここでしよう」
という意味からきてるとされています。
 
 
 
 
総重量が1トンとも言われる、
太鼓山という大きな御輿(みこし)を36名で持ちます。
 
 
入場の際に太く響くような声で発せられる
ホーラーエ
という掛け声は、一度生で聞いてしまうと、
興奮して鳥肌が立つくらいです!
 
 
 
御輿の上でのけぞって采(ざい)を振る男の子が、
そこまでのけぞって落ちない?
って心配にもなっちゃいます。。。
 
 
ちなみに、コッコデショの構成はコレ。
 
 

    【構成】

  • 総指揮1名、指揮1名、長采3名≪40過ぎ~50代のものが担当≫
  • 采振り(コッコデショの周りで采を振る)4名≪小学校高学年の男の子が担当≫
  • 太鼓山(みこしの上で太鼓をたたく)4名≪小学生低学年の小さめの男児≫
  • 担ぎ手36名、棒先8名≪町の青年衆(10代後半から40代前半まで)≫

 
 
そして最大の見せ場でもある、
御輿を上に「コッコデショ」と言って持ち上げて、
3回目に放り投げて、片手でキャッチ!

 
 


コッコデショ

 
 

片手でっせ!?片手!!!
 
 
めちゃめちゃ感動です・・・
 
 
 
この光景を見て興奮し、
救急車で運ばれちゃう観客もいるようで。。。
 
 
 
 
 
ただ・・・残念なのが、
コッコデショが行われるのが7年に1回!?
 
 
次回、演し物として披露されるのが、
平成30年です・・・
 
 
 
担ぎ手は公募される様ですし、
力自慢の人はぜひ応募されてみては。。。

諏訪神社で見るには?

長崎くんちと言えば、
諏訪神社の祭礼でもあるし、
見るのであれば~やはり諏訪神社でしょ!
って思っちゃいますよね。
 
 
 
踊り町の奉納時間は各町30分で、
7町全体の奉納時間は約3時間30分
 
 
見るには、観覧料金がいるのです・・・
 
 

【観覧料金】

桝席
 S席(一桝4人掛け)¥30,000
 A席(一桝4人掛け)¥24,000
 B席(一桝4人掛け)¥18,000
 C席(一桝4人掛け)¥12,000

バラ売り席
 B席バラ売り席 4,500円(10月9日(木)分のみ)
 C席バラ売り席 3,000円(10月9日(木)分のみ)
 ※B席・C席のバラ売り席は6月9日(月)より販売

立見席
(1人・当日発売)¥1,500

 
 
諏訪神社のさじき席は、
6月7日7:00からすでに売り出されており、
残り若干の席があるだけとなっています。
 
 
ご希望の方は、早急に購入されたほうがいいです。
 
 
 
 
ただ、すべて前売り券と思いきや、
立見席となりますが1,500円で、
当日券もあるという有り難さ

 
 
3時間30分ですし、立見席でも
十分満足出来るのではないでしょうか?
 
 
 
また、穴場として言われてるのが、
諏訪神社の中央階段部分の「長坂」と言う場所
 
 
その場所は無料ですが、
人だかりとなるのは避けれないようで・・・
 
 
 
 
 
今年は無料と言わず有料席で、
長崎くんちで、感動を貰ってみてはどうでしょうか?
 
 
一度生で見ると、
来年もまた見たくなっちゃいますよ♪
 
 

長崎くんち開催情報

開催日時
2015年10月7日(水)7:00~、8日(木)16:00~、9日(金)8:20~

開催場所
長崎県長崎市 諏訪神社

観覧料金
○桝席
S席(一桝4人掛け)¥30,000
 A席(一桝4人掛け)¥24,000
 B席(一桝4人掛け)¥18,000
 C席(一桝4人掛け)¥12,000

○バラ売り席
 B席バラ売り席 4,500円(10月9日(金)分のみ)
 C席バラ売り席 3,000円(10月9日(金)分のみ)
 ※B席・C席のバラ売り席は6月9日より販売

○立見席(1人・当日発売)¥1,500

有料駐車場
・リパーク夫婦川町(長崎市夫婦川町1-2)3台
全日 8:00~22:00 60分\200 全日 22:00~8:00 60分\100
最大料金 全日 入庫後24時間以内\1000
・株式会社シーボルタウン(長崎市新大工町5-7)87台
30分毎\130 営業時間内最大料金\1000
1泊料金(22:00~8:30但し7:30迄入出庫不可)\500
・諏訪パーキング(長崎市上西山町1-18)30台
30分毎\100
・リパーク長崎中町(長崎市中町1-32)5台
全日 0:00~24:00 40分\100
最大料金 月~金 入庫当日\1000 最大料金 土日祝 入庫当日\700
・夫婦川町パーキング(長崎市夫婦川町1-2)3台
全日 08:00~22:00 60分\200円 全日 22:00~08:00 60分\100円
全日入庫後24時間以内\1,000円

交通規制
会場周辺、車両通行規制あり

アクセス
『電車』
・「諏訪神社前」電停で下車 徒歩5分

『車』
・長崎芒塚・出島インターチェンジより約10分

お問い合わせ
長崎商工会議所
長崎市桜町4-1
TEL(095)822-0111 FAX(095)822-0112

 
 

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す