大津祭2015の日程!曳山はどこで?ちまきをGETする方法とは?


滋賀県の大津市で、
今年も開催される大津祭2015
 
 
 
大津祭2015は、京都の祇園祭と同様に
曳山がメインとなりますが、
ちょっと小ぶりなのが特徴的!
 
 
コンチキチン
っていうお囃子(はやし)とともに、
市内を巡行するのですが、
各曳山には、からくり人形が仕掛けてあります!
 
 
コレを市内の各場所で披露しますので、
曳山自体を見てても、大変面白いのもあります。
 
 

スポンサードリンク


 
 
そして、大津祭の最大の楽しみとされるのが、
曳山からまかれる、
厄除け粽(やくよけちまき)をGETする事です!
 
 
 
この厄除けちまきは、玄関や軒下に吊るしておけば
厄除けになるという有り難いモノ!
 
 
それをGETしようと、
みんな必死になります・・・
 
 
いや~必死とは怖いです。。。
 
 
 
 
そこで、
大津祭を目いっぱい楽しむために、
曳山を見る場所と
厄除けちまきをGETする方法を中心に、
 
 
私が超徹底的に調べてみました!
 
 
参考にして大津祭を、
楽しんで貰えればありがたいです♪

大津祭の日程とは?

まずは動画で、
大津祭時に巡行される、曳山を見てみましょう!
 
 
 
曳山にある、からくり人形を、
生で見てみたくなっちゃいますね~・・・(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
 
 

大津祭開催情報

開催日時
2015年10月10日(土)、11日(日)
宵宮 10日(土)13:00~21:00
本祭 11日(日) 9:00~17:30

※山建ては、4日(日)8:30~15:00

開催場所
滋賀県大津市

 
 




 
 

スポンサードリンク


 
 


大津祭開催場所【大津市京町3丁目3-36】

大津祭とは?

大津祭は、毎年の10月に
滋賀県の大津市で開催される祭りです。
 
 
 
大津市の中央に位置する、
天孫神社(てんそんじんじゃ)の祭礼として、
13基の曳山が市内を巡行します。
 
 
歴史も古く、江戸時代から300年以上も続き、
滋賀県の無形民俗文化財にも指定されている、
有名な祭りです。
 
 
 
 
祭りの始まりは、江戸時代に
鍛冶屋町(かじやちょう)塩売治兵衛(しおうりじへい)
という大津町人が、狸の面をかぶって、
踊ったのが始まり
と言われています。
 
 
そういう意味からも、曳山の先頭を行くのを
西行桜狸山(さいぎょうざくらたぬきやま)と言い、
屋根にはしっかりと狸が見守ってくれています!

 
 


西行桜狸山

 
 

現在の大津祭日程は、土日と固定されている為に、
毎年日程が少々変わります。
 
 
 
ただ、土日に固定されている為に、
観光客も年々増えていってるのもあり、
近年では祭り期間中に外国人観光客も、
多く来られています。

曳山を見るおススメの場所とは?

大津市に着いたら、大津祭を楽しむ為に、
大津駅前などにある臨時案内所で、
無料パンフレットを貰いましょう
 
 
 
このパンフレットには、各曳山の紹介と
巡行経路・時刻・からくり場所などが、
詳しく載っていますので、
必須アイテムとなります!
 
 
大津祭の曳山は、本祭りの日曜日に、
全部で13基巡行します。
 
 
どこで見るのが一番おススメなの?
 
 
曳山13基は、市内を巡行する前の朝9:00に、
天孫神社前に集合
します。
 
 
まず早く来れるのであれば、
13基揃った曳山を見ましょう
 
 
1基ごとに見るのもいいのですが、
13基揃ったのを見るのも見事です。
 
 
 
 
歩いて回るのは疲れるし、ゆっくり見たい!
って思うのであれば、
有料観覧席が3,000円で販売されますので、
ココがおススメです。
 
 

【有料観覧席情報】

料金:3,000円
全席指定。
(厄除け粽・手ぬぐいのお土産(千円相当)付き)

※販売開始日:例年は9月1日頃
※販売場所:大津祭り曳山展示館、大津駅観光案内所

 
 
各曳山のからくり人形が演じられる場所を、
所望(しょもう)と言いますが、
パンフレットにその場所が記されています。
 
 
 
実をいうと、
有料席で座ってじっくり見るより、市内の各所望場所を
パンフレットで探しながら見て歩く事が、
一番の見るおススメスポットなんですよね。。。

ちまきをGETする方法とは?

大津祭では、
曳山から厄除けのちまきがまかれます。
 
 
ちなみにこのちまき、
食べる事は出来ません・・・
 
 
 
このちまきをGETする方法は?
 
 
曳山を見るおススメスポットに、
パンフレットで書かれた、
所望場所が一番いいと言いました。
 
 
この所望場所で曳山のからくり人形が演じ終わると、
ちまきが、景気づけにまかれるのがあります

 
 


ちまき

 
 

その時、ちまきのGETしやすい方法に、
子供がまく側でなく、
大人がまく側で、GET出来るように構えます
 
 
そうする事で、
ちまきをGETしやすくなります!
 
 
大人のまく量のほうが、多いですからね。
 
 
 
また、
ちまきほって~!!
って、大絶叫しましょう!
 
 
こう言えば、
お情けで、頂けちゃいます♪
 
 
 
そして極めつけは、曳山巡航中に、
2階の家の部屋の中から見ている人に向け、
ちまきをほるという荒業をします!
 
 
その時に、2階にいる人が、
しっかり取れない場合が!!!
 
 
 
確立は低いですが、
その時に、路上に落ちる場合もあります!?
 
 
棚からボタモチ状態に!
 
 
 
おこぼれを、
しっかり頂いちゃいましょう♪
 
 
何せみなさん目が血走ってますので、
注意が必要です。。。
 
 
 
 
 
 
 
そういう意味からも、
所望巡り!
コレが、曳山を見るおススメスポットとなるのです。
 
 
各曳山からまかれるちまきもさまざまですし、
13種類集めるのも楽しいかも♪
 
 
 
またちまきとは別に、
手ぬぐいも放られることがあります
 
 
ちまきと手ぬぐいを13種類集めるのも、
これまた宝探しの様に、童心に戻れちゃいますね。
 
 
 
 
こうやって大津祭は、
目で楽しませてくれ、童心にも戻らせてくれる、
楽しい祭りです!
 
 
今年は大津祭で、
ちまきをGETしちゃいましょう♪
 
 

大津祭開催情報

開催日時
2015年10月10日(土)、11日(日)
宵宮 10日(土)13:00~21:00
本祭 11日(日) 9:00~17:30

※山建ては、4日(日)8:30~15:00

開催場所
滋賀県大津市

有料駐車場
・リパークワイド大津島の関(大津市島の関9-30)20台
全日 20:00~8:00 60分\100 全日 8:00~20:00 40分\200
最大料金 全日 入庫後24時間\800
・三井のリパーク 打出浜(大津市打出浜33-6)14台
全日 20:00~00:00 90分\100 全日 8:00~20:00 40分\200
最大料金 全日 入庫後24時間\1,000
・大津市立駐車場大津駅南口公共駐車場(大津市逢坂1-1-1)117台
全日 06:00~24:00 30分無料 以後30分150円

交通規制
会場周辺、車両通行規制あり

アクセス
『電車』
・JR大津駅より 徒歩約10分
・京阪電車浜大津駅より 徒歩約5分

『車』
・名神高速道路 大津インターより 約5分

お問い合わせ
〒520-0043 大津市中央1丁目2-27
曳山展示館内
特定非営利活動法人大津祭曳山連盟 事務局
TEL:077-525-0505

 
 

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す