京都 永観堂の紅葉の見ごろとは?ライトアップの期間はいつ?


京都にある永観堂は、
紅葉が有名ってご存知ですか?

 
 
モミジの永観堂
って言われるくらい、京都の永観堂は、
紅葉のスポットとして、有名なんですよね~!!
 
 
真っ赤になったモミジは、
ほんと見惚れるくらいに、
綺麗ですから(☆ω☆*)キッラキラ!!
 
 
 
 
 
 
それと、永観堂には、
七不思議があるという事実もあるんです!?
 
 
七つモノ不思議があるというのは、
神秘的でもあって、
ミステリーな事ですよね~。。。ヽ(ill゚д゚)ノ アンビリバーボ
 
 
 
 
 
 
思わず、
えええ~感動!!!
って大絶叫しちゃうかも。。。(((( ;゚д゚)))アワワワワ
 
 
どさくさに紛れて、
なんちゅ~オヤジギャグを・・・ブ━━(;.;:´;:.゚;;.3;.;゚;.;)━━ッ!!
 
 

スポンサードリンク


 
 
それにしても、紅葉のスポットなら、
見ごろっていつなんでしょ?
 
 
ライトアップもあるようですが、
いつまでやってるんでしょ
いろいろ気になっちゃいますね。
 
 
 
 
 
 
そんなアナタの為に、
永観堂の紅葉の情報を、お教えします!
 
 
参考にして、永観堂に行って、
ええ感動をもらっちゃいましょう!
も~えぇっちゅ~ねん。。。(ーヘー;)
 
 

永観堂の紅葉の見ごろとは?

 
まずは動画で、
永観堂の紅葉を見てみましょう!
 
 
 
ええ感動が、もらえまへん?
しつこい・・・∑(ー言ー;)
 
 

京都・永観堂紅葉見頃情報

見頃時期・時間
11月中旬~12月上旬(9:00~16:00《ライトアップ時17:00閉門》)

住所
京都府京都市左京区永観堂町48

 
 




 
 

スポンサードリンク


 
 


永観堂【京都府京都市左京区永観堂町48】


 
 

永観堂とは?

 
永観堂(えいかんどう)は、
別名を禅林寺(ぜんりんじ)とも言い、
京都市左京区にある寺院を言います。
 
 
昔から紅葉の名所とされている事もあり、
秋はもみじの永観堂」と言われているという。
 
 
山の斜面を利用して、
さまざまな建造物が建っている為に、
境内の紅葉はもちろん、京都市内も一望できる、
すばらしい景色を望めるという、ありがたさ!
 
 
 
 
 
 
ちなみに、文化財として阿弥陀堂が、
京都府指定文化財とされていますが、
その他の建造物は無く・・・
 
 
国宝や重要文化財とされるのは、
仏画や絵画、彫刻がほとんどですね。
 
 
 
彫刻に、『みかえり阿弥陀』と呼ばれる、
木造阿弥陀如来立像が、
重要文化財に指定されてます。
 
 
この『みかえり阿弥陀』は、
振り返っているという、ミステリアスな仏像!((;゚д゚))アワワワワ
 
 
 
 
 
伝説もあり、住職の永観が、
この仏像の周りを念仏を唱えて歩いてると、
その仏像もいっしょに歩き出したという!?
 
 
ビビッて立ち止まると、
永観遅し!
って振り向いて言った後に、固まったと・・・
 
 
 
 
 
 
イヤイヤイヤ~
しょんべんちびりまっせ。。。コワ━(((;゚Д゚)))━ッ!!!
 
 
それが未だに、
振り向いたまんまの仏像に!?(||゚益゚)ヒィィィ!(゚益゚||)
 
 
 
 
 
その他に七不思議が!?
 
 

【永観堂の七不思議】

その1)抜け雀
欄間に描かれた雀が一羽足りない。一羽が絵から抜け出して飛び立っていった。

その2)火除けの阿弥陀
応仁の乱の戦火の中、奇跡的に焼け残り、今に伝わっているという阿弥陀仏。

その3)悲田梅
永観律師が、貧しい人に施療するために植えたという梅林の梅の木。
現在、残っているのは、この一本だけだとか。

その4)木魚蛙
鳴き声が、木魚をたたいているように聞こえるという蛙。
しかし、その姿を見たものは誰もいないといいます。

その5)三錮の松
葉が3枚に分かれているという松。
この葉を財布に入れておくと、お金がたまると信じられている。

その6)臥龍廊
開山堂へと続く回廊。湾曲した特徴的な形をしていて、まるで龍が臥せているように見えます。この回廊は、一本の釘も使われていないのだそうです。

その7)岩垣紅葉
裏山の急な斜面から生えている紅葉の木。
紅葉が、これほどの急斜面から生えるというのは、珍しいそうです。

引用:http://plaza.rakuten.co.jp/gundayuu/diary/201205270000/

 
 
 
紅葉以外でも、宝探しの様に、
7つのミステリースポットをさがしてみるのも、
童心に、帰らせてくれちゃう事なんでしょうね♪
 
 

永観堂の紅葉の見どころとは?

 
永観堂は古くから、
モミジの永観堂って言われるくらい、
紅葉スポットとして知られていますが、
 
 
 
紅葉の樹は、
 
 

  • ヤマモミジ
  • イロハモミジ

 
 
が、ほとんどです。
 
 
 
 
境内には松も多く生えていて、
モミジの赤や黄色と融合して、
目を楽しませてくれちゃいます!
 
 
 
 
 
 
永観堂の紅葉の見ごろとされる時期は、
例年11月中旬~12月上旬とされていますが、
中でも、20日から11月一杯
一番モミジも色付いて、美しい頃でしょうね。
 
 
 
 
 
 
 
どうしても、
紅葉スポットとして名が知れてますし、
混むのは避けれません。。。
 
 
 
ゆっくり見るのであれば、
開門直後の9:00に行くのがおススメ!
 
 
10:00以降になると、
観光バスも増えて、混むのがあるので・・・
 
 
 
 
 
 
 
境内を、
ゆっくり紅葉を見て楽しむのもいいですが、
やはり一番奥にある、
多宝塔まで、階段で上がっちゃいましょう

 
 


多宝塔

 
 

ココからは、永観堂の境内はもちろん、
京都市内も、一望できる場所になってます♪
 
 
景色がいい場所って、
気持ちいいですからね(。≧ω≦。)ノ
 
 
 
 
また境内には茶店もありますし、
紅葉を見ながら、ワラビ餅やゼンザイのような
甘いモノを頂くのも、これまた風情があって
楽しみの1つのなるかも(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
 
 

ライトアップの期間とは?

 
永観堂で紅葉時に、
もう1つの楽しみとされているのが、
ライトアップ!
 
 
日中に見るモミジと違い、幻想的に
ライトがモミジを見せてくれるという、
素晴らしいモノがあります。
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと短いですが、
永観堂のライトアップを、動画で見てみましょう!

 
 




 
 

どうでした?
 
 
短すぎる?
すみません・・・Σヽ(°Д°;)ノ
 
 
 
 
 
 
 
永観堂のライトアップは、
11月8日から12月4日までやってて、
日中から継続して、ライトアップが見れない
 
 
17:00に日中の拝観が終わって閉門。
17:30に、ライトアップを見る人の為に開門!
って感じに。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
料金は600円するんですが~、
ココは見ておいたほうがイイ!っていう場所が、
ちゃんと存在します!!!
 
 
その証拠写真がコレ。

 
 


極楽橋からの放生池
参照:http://bu10148bu.blog31.fc2.com/

 
 
 


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!

 
 
 
 
 
 
極楽橋からの放生池という、
人気の撮影スポット!
 
 
 
 
ライトアップされたモミジが水面に映り、
これまた幻想的っていうか、幽玄な雰囲気で、
目を、楽しませてくれちゃいますよね。。。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、簡単に
撮影出来ると思っちゃ~いけません。。。
 
 
永観堂のライトスポットは、
京都でも超有名な人気スポット!
 
 
入場するのに運悪ければ、
1時間待ちという事もあるようで。。。
 
 
上記撮影も、20分待ちという具合・・・
 
 
 
 
 
 
 
永観堂のライトアップ時は混む!
 
 
 
これを念頭に置いて、行動しましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、混んでても見る価値があるのが、
永観堂のライトアップ!
しつこいか・・・(・ω・A;)アセアセ
 
 
 
 
 
今年は、
永観堂のライトアップを生で見て、
感動を貰っちゃうのは~アナタです!!!∑( ̄□ ̄;)ナント!!
 
 

京都・永観堂 紅葉見頃情報

見頃時期・時間
11月中旬~12月上旬(9:00~16:00《ライトアップ時 17:00閉門》)

ライトアップ期間・時間
11/8~12/4(17:30~20:30《21:00閉門》)

住所
京都府京都市左京区永観堂町48

料金
≪通常拝観≫
寺宝展(昼間) 1000円(大人)、400円(小学生~高校生)

≪ライトアップ≫
料金:600円

有料駐車場
・永観堂禅林寺駐車場(左京区永観堂町)台
・タイムズ永観堂前(左京区南禅寺北ノ坊町23)4台
・リパーク京都岡崎天王町(左京区岡崎天王町37)3台
・リパーク京都岡崎天王町第2(左京区岡崎天王町48-3)4台
・NPC24H京都岡崎公園パーキング(左京区岡崎法勝寺町60番3)13台

アクセス
『電車』
・地下鉄東西線 蹴上駅徒歩15分

『車』
・名神高速京都東ICから10分
・名神高速京都南ICから35分

お問い合わせ
総本山 永観堂 禅林寺
〒606-8445
京都市左京区永観堂町48
TEL:075(761)0007
FAX:075(771)4243

 
 

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す