歯磨きの最適な時間とは?朝のタイミングは?


シャカシャカシャカ・・・
 
 
釈迦三尊像?
Σ\(-_-;) なんでやねん!
 
 
 
 
 
 
 
 
歯ぁ磨いとんじゃぁ!!!
なんで法隆寺の仏像やねん(´-д-`)ボソ.
 
 
 
 
 
歯磨きの時間てどれくらいなんよ
朝の忙しい時に・・・(o´д`o)=3
って、歯磨きの時間を疑問に思いません?
 
 
毎日エチケットの為に、
歯磨きをしてる人はほとんどでしょうが。
たまに、しない人もいますが・・・( ̄▽ ̄;)
 
 
 

スポンサードリンク


 
 
 
時間のある時はゆっくり出来るのですが、
朝っていうのは、どの家庭も慌ただしく、
時間が無い中での歯磨きっていう人も、
多いのではないでしょうか?
 
 
朝が好きって人は、
若い人で少ないと・・・Σ( ̄Д ̄;;
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、歯磨きっていうのをおろそかにしてると、
大っ嫌いな歯医者さんに直行しなくては、
ならない事に。。。((;゚д゚))アワワワワ
 
 
歯医者って、
大人になっても、好きになりませんよ!
私が断言しちゃいます(。-`ω´-)キッパリ!!
 
 
 
 
 
じゃぁ、虫歯にならないように、
歯磨きの時間はどれくらいがいいの
って思っちゃいますよね。。。
 
 
そんなアナタの為に、
実際に私が効果を上げている方法で、
わかり易くお教えします!

この方法で10年間虫歯知らずです!!
 
 
これでアナタも、
歯医者いらずに、なっちゃいまっせぇ(`・ω・´)シャキーン.
 
 

歯の磨き方とは?

 
まずは動画で、
歯磨きの方法っていうのを、見てみましょう!
 
 
 
 
 
動画を見るとよくわかりますが、
歯茎と歯の境目を中心に、
ブラッシングしていますね。
 
 
歯の白いエナメル質部分だけ磨くのは、
ダメなんですね・・・(´・ω・`)ショボーン

 
 




 
 
 

スポンサードリンク


 
 

歯磨きの最適な時間とは?

 
みなさんは歯磨きを、
何の為にしていますか?
 
 
 
 
 

  • 口が臭くならないように!
  • 清潔にする為に!

 
 
 
 
 
って人もいるでしょうが、
やはり虫歯にならない為に!
って人がほとんどでしょう。
 
 
歯医者行くの、嫌ですからね。。。

 
 
 


歯ブラシ

 
 
 

そう考えると
 
 
 
 
 
歯磨き=虫歯予防
 
 
 
 
 
って事になりますよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
こうなると、虫歯にならない様に、
歯磨きの時間はどれくらいすればいいの
って考えちゃいません?
 
 
考えちゃいますよね・・・
痛いの嫌だし。。。Σ(>ω<ノ)ノヒイィィィ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
歯磨きの時間を調べると、これまた賛否両論。。。
 
 
短いので3分から、長くなると30分・・・
そんな暇あるかイライライラ((怒´°∀°`))イライライラ
って思っちゃいますよね。。。
 
 
じゃぁ、
どれくらいの時間を歯磨きすればいいの?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私がやってる方法なんですが、
キッチリとした方法をすれば、
3分で十分なんです!
 
 
キッチリした方法?
 
 
そう!
 
 
歯垢(しこう)をしっかり取り、
歯茎(はぐき)のマッサージ
をすればね♪
 
 
 
 
 
 
 
 
私はこの方法で、
もう数十年虫歯にはなっていません( ゚Д゚)ウヒョー
 
 
歯磨きの回数っていうのも1日2回!
朝起きた時と、寝る前だけです(*´・∀・)(・∀・`*)ヘー
 
 
ただ、歯磨きは3分だけで済みますが、
他にしてることもあるので・・・( ̄o ̄;)ボソッ
 
 
 
 
 
 
 
 
口のお手入れ1回の時間全部で5分を、
1日2回だけで、虫歯が予防出来ちゃうんです♪
 
 
その方法を、知りたくないですか?
 
 

私のやってる歯磨きの方法とは?

 
1日3分の歯磨きと、もう2分を何かしての5分!
 
 
この5分を、
朝晩するだけで虫歯が出来ないってなれば、
ちょっと知りたくなっちゃいません?
 
 
 
 
 
 
 
 
ただし!
 
 
 
 
最初に言っておきますが、
2つの道具が必要になります。

歯ブラシだけじゃぁないんです!
 
 
 
 
 
2つの道具っていうのがコレ。
 
 
 
 
 

  • 電動歯ブラシ
  • 歯間ブラシ

 
 
 
 
 
上記2つを利用して、
毎日朝晩の口のお手入れを、
行っているんですよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
理由っていうのもちゃんとあるんです・・・
 
 
 

    電動歯ブラシ

  • 手で磨くより、歯垢(しこう)が短時間で取れる
  • 歯茎(はぐき)をマッサージしてくれる

 

    歯間ブラシ

  • 歯と歯の間を磨くのも、電動歯ブラシでも限界がある
  • 歯石(しせき)が付きにくくなる
  • 歯茎をマッサージ出来る

 
 
 
上記2つの道具を使い、
動画のように歯茎周辺の歯や、
歯と歯の間を磨いちゃってます!
 
 
この方法は、行きつけの歯医者さんで
教えてもらったんですよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
若い頃は虫歯が怖いんですが、
年齢を重ねると歯周病(ししゅうびょう)や、
歯槽膿漏(しそうのうろう)という歯茎の病気
になり、
歯が弱くなって抜けちゃう事に・・・(||゚益゚)ヒィィィ!(゚益゚||)
 
 
そうならない為にも、
若い時からの口のお手入れは、必要って事を、
覚えておかないとね。。。ウヒャ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!!
 
 

朝の歯磨きのタイミングとは?

 
ここから歯を磨くタイミングの話に移ります。
 
 
ハッキリ言って、
この磨くタイミングを知ることで
虫歯になる可能性がすっごく下がるんです!

 
 
 


歯磨き

 
 
 

ぶっちゃけ、
朝食前に歯磨きをすると、
 
 
 
 
 

  • 歯磨き粉の味が残って、朝食が不味くなる
  • 歯に食べ物のカスが残る

 
 
 
 
 
上記理由から、朝食後に歯磨きをする人が、
多いのではないでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
それって正解なの?
 
 
ブー( ̄(oo) ̄)ノooooo.
ナンダΣ( ̄ロ ̄lll)。
 
 
不正解です!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝起きたらすぐに、歯磨きをしましょう!
 
 
 
 
 
 
 
なぜなら寝起きは、
普通の10倍以上ものバイ菌が、
口の中に
!?
 
 
普段起きてる時は、ツバという唾液(だえき)が、
バイ菌が増えるのを防いでくれてるのですが、
寝てる時は、唾液が出るのが少なくなっちゃうんです。
 
 
 
 
 
そういう状況になると、
口の中がバイ菌だらけに・・・!!(;゚ロ゚ノ)ノ
 
 
バイ菌だらけの口の状態で朝食を食べると、
バイ菌も体の中に、入っちゃいます
よね。。。
 
 
そうなると、
病気の原因になっちゃう事も・・・エェ━Σヾ(・ω・´;)ノ━!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
それを防ぐ為にも、
朝食前に、歯磨きするようにしましょう!
 
 
こうすれば、綺麗な口で
朝食を食べちゃうことが出来ますからね!
 
 
でも・・・
食べ物を食べた後のカスが・・・∑ヾ( ̄0 ̄;)ノオットッ!
 
 

その他の注意点とは?

 
朝食前に歯磨きをしたり、
1日2回だけの歯磨きだけだと、
朝食後の食べ物のカスや、昼食後の食べ物のカス、
オヤツ時のカスで、虫歯にならないの?
って疑問に思いません?
 
 
虫歯は、
口の中に残ってる食べ物のカスを餌(えさ)にして、
虫歯の原因菌が、酸を作って歯を溶かし、
出来ちゃうっていう構図
なんですよね。
 
 
じゃぁ、
1日の歯磨き2回じゃダメじゃん!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私が、歯磨き1日2回で、
虫歯を作らない事が出来てる注意点というのが、
食後に緑茶でうがい!

 
 
 


ビックリ

 
 
 

コレを徹底してやってます。
 
 
甘いジュースを飲んだ後や、間食後も必ず!
緑茶が無い場合は、水やお茶でうがいです。
ブラックコーヒーでもいいですね。
 
 
糖が含まれていない飲み物で、うがいが一番です!
 
 
こうするだけで、
口の中の虫歯を防ぐ事が、出来ちゃうんですよ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
ガムを、味が無くなっても噛み続けるって方法も、
唾液を出す方法になるので、虫歯を防げますからね。
 
 
 
 
 
 
 
 
食べ物や甘い飲み物を食べたり飲んだりした後は、
一番は緑茶でうがい!
 
 
もしくは、水や茶、
ブラックコーヒーでうがいをする事が、
虫歯を防げる注意点なんですよね♪
 
 
なぜなら、虫歯菌を
増やさせない状況に、
口の中が綺麗になるから!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回、私がやってる
口のお手入れ方法をお教えしました!
 
 
歯というのは、
ホント重要な部分
なんですよね・・・
 
 
若い時は思わないんですが、
年取ると気付いちゃうんです・・・Σ(゚д゚(゚д゚(゚Д゚
 
 
 
 
 
私のように、気付くのが遅くならない様に、
若い時から電動歯ブラシで歯磨きをしっかりし、
丈夫な歯を保ちゃいましょう。
 
 
 

 
 
 
芸能人は歯が命!ってくらい、
歯が綺麗だと清潔でカッコよく
見えちゃう
んですからね。。。w(*0o0*)w(*0д0*)!マジ??
 
 
 

スポンサードリンク

関連記事:

コメントを残す